Road to English

Learn to English

カイン Cain

カイン Cain
幼い頃に両親を亡くし、一人孤独に生きてきた少年。力こそが全てであり、その妨げになるものには一切興味を示さない。この世のどこかにあるという「邪竜の魔眼」を手に入れる手がかりを探すため、王都へとやってきた。
The boy who loses my parents and has lived lonesomely at himself when they're young. Power doesn't show an interest in the one which is everything and becomes the obstruction at all. To look for the clue to get the "Evil Dragon's Evil Eye" which are somewhere in this world, he came to the Capital.
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
愚衆風情が!
All lowly Motherfuckers!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
俺の前から消え去れ愚衆!
Get out my sight, Motherfuckers!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
これが俺の力だッ!!
T'is my force!!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
勇士カイン Brave Cain
探し続けている「邪竜の魔眼」の情報を求め参加した武闘大会での活躍が認められ、国衛騎士団へと入団した青年。しかし、いまやその興味の矛先は、武闘大会で自分を打ち負かしたアレンに向いている。今はドラゴン討伐を通じて、日々アレンと競い合っている。
An achievement at fighter tournament which asked the information on "Evil Dragon's Evil Eye" he keep searching and participated is the youth who is admitted and has joined an organization to Nation-guards Chivalry. But a brunt of the interest is opposing Allen who defeated himself at fighter tournament already. He competing with Allen every day through subdual of dragon now.
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
鈍間め!見えてるぞ!
Lubber you, I looks all!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
八つ裂きにしてやる!
I'll tear you limb from limb!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
受け取れ!闇の洗礼を!
Eat this, a darkness baptism!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
近衛騎士カイン Guards Knight Cain
「邪竜の魔眼」を手に入れ闇の力に目覚めた魔騎士。魔眼は全ての死線を見極め、対象に確実な死をもたらす。その力はドラゴンを倒すごとに強まっており、更なる力を求めカインはドラゴンを狩り続ける。全てのドラゴンを狩り終えた時その槍の矛先が向けられるのは果たして……。
The knight who got "Evil Dragon's Evil Eye" and awakening in the power of the darknessEvil Eye ascertain all deadlines and brings certain death to a target. Every time a dragon is knocked down, its power is strengthened, and Cain finds the further power and keeps hunting a dragon. When having finished hunting all dragons, it's the be directed brunt of the spear...
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
俺には全てが見えている!
I see everything!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
邪眼の覚醒を見ろ!愚衆!
Behold the awakening of Evil Eye, Motherfuckers!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
邪眼は全てを駆逐する!
Evil Eye are all annihilate!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
[魔竜騎士]カイン [Dragon Demon Knight] Cain
時は満ち、戦いの準備は整った。地平線の彼方から射す夜明けの陽光にカインは目を細める。あらゆる全てをこの日の為、彼は一人、秘めたる決意を研ぎ澄ませてきた。今、カインは静かに左眼の封印を解く。邪悪な闇を湛えたその眼、「邪竜の魔眼」が黒く、妖しい脈動を刻む。其れがはらむ未来か、地獄か。しかし決意は揺るがぬままにカインはドラゴンの背に乗り、一人独に王都を目指した。
Time was filled and preparations of a war were complete. Cain narrows eyes in sunlight in the dawn which shines from the other side of the horizon. The decision in which he kept all for this day can have been sharpened. Cain solves a seal of a left eye quietly now. Its eyes full of wicked darkness, namely "Evil Dragon's Evil Eye" blackly and doubtful pulsation is cut. That contains is the future or hell... Cain got on the back of the dragon and aimed at the Imperial City automatically without a decision's swaying.
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
児戯にも満たん
No less as well childish.
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
魔眼は全てを零に還す
All return to zero.
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
散れ、愚衆
Scatter off, Motherfuckers.

ギース Ghies

[狩人]ギース [Hunter] Ghies
[P A S S]
2 3 5 6 8 9
11 14 17 19 20

ポイムがボクの生きがいさ
Poim is my life.

ボクに任せてくれないかい?
Leave it me to there?

ボクのとっておきをあげよう
My special to give you.

[仮人]ギース [Anonymous] Ghies
在ウー在アか宇らシエュ生火プき苦リケッツ古※
刺ェへし咎か巣ら生セま蘇汰れち吊しテクリ徒※
無ストにフの説回収ネに野歯成ひ負功へした放※
魔。「み死血夢」にメつ喪羅いり流てレこれ炉※
矢以上い被害湯が拡エ散夜和すい雨るエことヲん
魔を避みけた夢い。メ支喪羅給り流「レ保存炉※
無」のに処理脱を頼ネむ野歯。ひ負尚へこち放※
刺らはし更に巣オリセヴ蘇汰ァち吊ーテの動徒※
在向をい監視宇するエ。生火以き苦上ケ定時古※
報告を終わる。
シュプリッツ
咎から生まれしクリストフの回収に成功した。
「死血」についてこれ以上被害が拡散することを避けたい。
支給保存の脱処理を頼む。
尚こちらは更に定時オリヴァーの動向を監視する。以上
To Schpritz 
I've captured the sinner Kristof. We can't allow Uberblood to cause any more damage; we much confine it at once. In the meantime, I'll keep my eyes on Oliver. Over,

さあ、狩りの時間だ
Hunting time.

十年早いと……ボクは思うよ
I think 10 years soon.

これがボクのとっておきだ
This is my special.

リユイ Reui

リユイ Reui
多くの兵に忌み嫌われる、帝国の暗部とも呼ぶべき組織。それがリユイを含め、都合十三人の隊員が所属する「血壊部隊」である。隊長カイロスの指揮の下、竜とも人とも異なる「咎」と呼ばれる存在を排斥するその者たちだが、リユイは中でも「血」の扱いに秀でており、副隊長という大役を任されていた。それもあってか、それとも生来の気質か、ともあれ彼女は他の隊員の負担を多少でも軽減するべく、今日も敵へと先陣を切る。
Thirteen soldiers belong to the Bloodburst including Reui. Reui was superior to handling of blood in the Sinners, and she was appointed the adjutant by leader Kairos. She spearheaded that even more or less reduces soldier's burden with her principle.

今日も平常通り
As usual.

犠牲は少ない方が良いから
Reduce the sacrifice.

少しだけなら大丈夫
No problem.

私に任せていいよ
Leave it to me.

[壊王]リユイ [Bloodburst One] Reui
「血壊部隊」の者は皆、隊長カイロスを含め、定期的に自身の体に流れる「血」を入れ替え、汚れを取り除かなくてはならない。それが力を行使する代償である。しかしそれでも、侵す汚れの全てを取り去れはしない。生あるだけで徐々に静かに溜まりゆく澱。その果てにある、死よりも惨い成れの果てこそ、いずれ彼らが辿り着く結末であった。そして、仲間の為に誰より力を行使したリユイこそが、最も早くその結末へと至る事となる。
Bloodburst's soldiers replaces to filter the blood periodically including a leader Kairos—used compensation for the blood. But still, the sediment accumulated in the body. The end of hell crueler death they arrive at: Reui used the blood more than for fellows arrives earliest among them.

明日も平常通り
As usual.

皆の負担は最小限に
Minimize the loss.

まだ大丈夫……多分
No...problem.

皆は下がってていいよ
Leave it to me.

[自壊王]リユイ [Final Bloodburst] Reui
降る雪が、音を消す。外気がもたらす冷たさも、あるいは熱さも感じ得ぬまま、痛覚だけを受容する身体を引き摺り、リユイは白銀に覆われた森の中に足跡を残していく。汚れによって彼女の血は既に人の其れとはほど遠いものとなった。ゆえに仲間に追われる身となり、彷徨い、今この刻に至る。しかしやがて彼女の足跡に、優しく静かに重なるもう一つの足跡。リユイが支え、想い続けたその主は、手にした銃を彼女の背に向け、瞳を閉じて狙いを定めた。そして降る雪が、音を消す。
Neither a chill nor heat are felt; she drags own ruined body and wanders in the forest of snow—by precipitated blood. A man came out from her footmark behind her suddenly. A man she kept supporting closed his eyes and fired his gun to her back.

きっと明日も……いつも通り
As...usual.

良かった……私……で
Thank...you...

もう……あと少し……だから
No...problem...yet.

まだ……役に……立てるなら
If can help you...

ユーリカ Yurika

f:id:mario-4649:20161222215300j:image
終わりを、此処に刻む
Engrave the end here.

[書王]ユーリカ [Queen of Tomes] Eureka(Yurika)
この世のどこかに存在するという「禁書館」の管理を務める司書官。あらゆる魔導書をその管理下におき、監視している。有史以来、たびたび各文献に記述上は登場しているが、その存在は謎に包まれおり、一説によれば彼女が魔導書を生み出しているとの事だが、詳細は不明である。
The master librarian who manages the mythical Forbidden Library which is hidden somewhere in the world and is responsible for all magical texts. She often appears in historical texts which suggest that she may be a creature of some unknown magic.

我が名を刻め!
Engrave me!

切なる祈りの路を拓く!
Open up the sincere road!

ここで貴様の幕を引く
You end at here.

[幻書王]ユーリカ [Queen of Forbidden Tomes] Eureka(Yurika)
この世界を観測し、その全ての出来事を記録し続ける役割を持つユーリカ。彼女はいずれ人がドラゴンに打ち勝つ為に、繰り返される時の中で、あらゆる出来事を観測し英雄たちの物語として魔導書に書き溜めている。そして「虹の時代」、彼女はついに歴史の表舞台へと姿を現した。
Eureka's role is to observe and record the world. Preparing for the time when humans will finally defeat the dragons, she records the stories of all the heroes through history. Finally, in the Rainbow Age, she steps onto the stage herself.

これこそ真理
This is a truth.

対象を永久に記録する
Target is recorded forever.

貴様の物語は終わる
Your story is end soon.

[禁書王]ユーリカ [Queen of Forbidden Texts] Eureka(Yurika)
ユーリカには、元となった存在が居ない。「書」から生まれた造られし偶像、それが彼女であった。もはや己を造り出した創造主の束縛から外れたため、自由な思考と行動権を獲得しており、またその「眼」から逃れるべく、難攻不落の王都にて「禁書館」を築いた。惑いはそれすら、創造主の思惑通りかもしれないが、今は己の意志を信じ、ただひたすらに準備を進める。
Eureka came from nothing. She was an idol created from books and free from her Creator. With freedom of thought and action, she built the Forbidden Library to escape his gaze. This may have been his goal all along, she believed it was her own plan.

対象の記録を終了する
End the target record.

真理の刻は近い
Truth is soon.

断罪する
Convict.

[焔書王]ユーリカ [Queen of Flame Texts] Eureka(Yurika)
そのユーリカは「火の時代」の書を著す。膨大な書を造り出すには、ユーリカ個体の能力では物理的な難が生じる。そのため彼女は、自分で自分の魔導書を出力し、そこから彼女自身を呼び出した。個体によって特性を分け、今は合計五体のユーリカが存在している。ちなみに元来からの性質か、整理整頓が苦手であり、書の管理のみ人畜無害なよりしろに任せている。
She writes a book of the Age of Fire. Resulting hardship for she create a huge amount of tome by herself. So she summoned herself from her own tome. Now, exists five Eurekas. By the way, she's weak in cleaning, so the management of tome in charge to a Spirit.

焔の書、業火の如く
Flame text the same as hellfire.

あれどこやったっけ……
Oh, where was it......?

封印する

[瀧書王]ユーリカ [Queen of Dragon Texts] Eureka(Yurika)
元より継がねばならぬことであった。その娘を禁書館へと招き入れたのは、勿論ただの気まぐれでは無く、己の意志と、娘の強いが引き合った結果であった。数千年を偽りの魂としてあり続けたユーリカだが、その魂はあと数年で消えて亡くなる。だからこそ今、見定めねばならない。その娘、ルカこそ、来るその日に、受け継ぐべき者かを。
Her own will and girl's strong will pulled each that the girl was shown into a Forbidden Library. She who continued existing for thousands of years as a false soul, but the soul disappears at several years more and passes away—so, I have to make sure now. The girl, Luca are whether the person who should inherit on when come the day.

瀧の書、清濁の如く
Dragon text the same as purity and impurity.

私の意志をお前に継ごう
My will succeed for you.

記録する
Record.

[絶書王]エウレカ [Tome Destroyer] Eureka
注意:閲覧、解放禁止
封印指定原書:No.0001

表題:総テノ禁書ヲ絶チシモノ
Caution: Viewing/release prohibited
Sealed Specs Source File: No. 0001

Title: The Exterminator Banned Tomes

燃やしてあげる
I'll burn you.

逝け、この世の全ての命たちよ
Die, everything.

[滅書王]エウレカ [Tome Destroyer] Eureka
エウレカの目に、全ての事象は虚に映った。決して終わることのない戦い。それは幾千、幾万、幾億続き、そののち再び繰り返される。永遠の輪廻に彼女は囚われていた。否、彼女では無く、もはや世界の全ては空虚な円環と成り果てていた。故にまた、彼女は手にした禁書を灰にする。二度と元には戻らぬよう、二度とは刻を繰り返さぬよう。しかしそれでも繰り返される。時は再び刻み始める。やがて更なる無限を経た後に、彼女はついに決断する。そして世界は、反転を始めた。
All phenomena were reflected in her eyes hollowly. The endless war; thousands, tens of thousands, hundreds of millions sequels repeated again. She fall to eternal metempsychosis—no, that was the nihility world themselves. She burns the texts—in other to never repeat again. Nonetheless, repeated. She decides at last; then the world has begun to turn over.

滅してあげる
I'll destroy.

征け、この世の全ての魂たちよ
Decease, all souls.

[全書王]ユウリカ [Compendium Queen] Eureka(Yurika)
残る時間は零となった。残る時間は零となった。
手にした筆は床へと堕ちついに目覚めの刻は訪れ
、見える景色が傾いてゆ、彼女はゆっくり眼を開
く。映るは彼女が刻んだく。映るは滅し絶つべき
書の数々。ユーリカは、書の数々。それらは此処
薄れる意識で其れらを想から先に、必要無い物。
い、そしてゆるやかに眼ゆえに表裏は反転し、書
を閉じ、眠りについた。を絶つ彼女が形を成す。
Time has become zero.
Time has become zero.
The brush she had in her hand falls in a floor, and she opens eyes slowly.
The moment awaken comes at last, and the seen scenery is tilting.
Variously of the tome by which she carved to come into a vision.
Variously of the tome which should destroy and cut off to come into a vision.
She thinks of those during the consciousness which fades away and she closes eyes and has got to sleep gently.
Something to which those aren't necessary from here—therefore the front and back are reversed and she who cuts off a tome makes the shape.

おやすみ……なさい……
Good......night......

目覚めの刻は来た
Come to the awakening.

表裏は……反転する
......Reverse.

[始書王]ユリイカ [Began Tomes] Heureka

[終書王]ユリイカ [Tomes of End] Heureka
f:id:mario-4649:20161222212602j:image
終わりを、此処に刻む
Engrave the end here.

フェンリス Fenris

f:id:mario-4649:20180101150859j:image
[獣王]フェンリス [Beast Queen] Fenris
世界で唯一、ドラゴンやモンスターと言葉を交わす事の出来る人狼。心優しい彼女は、争いを好まず、人間とドラゴンが共存出来る道を探し、日々奮闘している。ただ一年に一度、七つの月が空に浮かぶ「神月」の日は記憶を失ってしまう事があり、自身にわずかな不安を抱いている。
A wolf girl with the unique ability to talk to dragons and monsters. Gentle by nature, she hates conflicts and searches for a way for humans and dragons to coexist. Each year, there is a single night of which she has no memory - the night of the God Moon.

ごめんなさいッ!
Sorry!

オラァ、そこどけやァ!
Hey, back off!

ち、力が……
I got power...

[百獣王]フェンリス [Beast Empress] Fenris
「神月」の夜、ある少女の純血を飲んだことで完全なる人狼への変貌を遂げたフェンリス。心優しき彼女の人格は消失し、代わりに現れたのは、その凶暴性を微塵も隠そうとしない獣としての本性であった。そして獣は再びその少女の純血を得るため、彼女が待ち受ける地へ疾走った。
Fenris drinks the pure blood of a certain girl on the night of the God Moon and becomes a full lycan. Her kind nature vanishes, and is replaced with that of a wild beast. That beast then races to get more of the same girl's blood.

どけぇえッ!
Fuck off!!

貴様の血をよこせぇッ!
Take your blood!

血の力を解放するッ!!
Freed the blood power!!

[戟獣王]フェンリス [Spear Beast Queen] Fenris
酷い頭痛がフェンリスを襲う。もはや自身を保てる時間は、日に数時間あるか無いかであった。それゆえ「彼」に自由を許し、あの少女に決して癒えない「傷」を負わせてしまった。以来、少女を欲する「彼」の心は日に日に膨らみ続ける一方である。なんとしてでも「彼」を止めねばならないが、そんな折、フェンリスは「彼女」の存在に気付く。
Suffering great headaches, Fenrith remained lucid for just a few hours each day. This allowed "him" the freedom to "wound" the girl who could not heal. His desire for this girl grew, and she knew she must stop him. It was then, she discovered "her".

お願い……退いてッ!
Please move aside!

ごめん時間が無いの!
Hurry up!

一気に片を付ける!
Finished here!

[聖獣王]フェンリス [Holy Beast Queen] Fenris
其のフェンリスは飢えていた。「彼」は、かつて一度は組み伏せた少女を、絶対的な我が物とすることを望んでいた。即ちそれは、恐怖による篭絡。その情景を想い描き「彼」は冷たく醒めた笑みを浮かべる。が、その前に己の腹ごしらえである。狩り倒したばかりのドラゴンの肉を喰らいつつ、そういうえば、あの少女はちゃんと飯を喰っているのか、などと考え始めていた。
Fenris starved. "He" was desperate to make the girl his forever. He would control her through fear - a cold smile across his face. Before he could do that, he needed to feed. Biting the flesh of the hunted dragon, he wondered if she was eating properly.

血をよこせッ!
Take your blood!!

どけっつってんだろがッ!
Fuck off scum!!

みなぎってきたぜェ!
I got full power!

[悪獣王]フェンリス [Evil Beast Queen] Fenris
其のフェンリスは求めていた。「彼女」にとって最も大切なのはフェンリスと、その受け継がれるべき「血」であった。ゆえに「彼女」はフェンリスの意思を尊重する。少女を護ると決意したフェンリスの意思を。しかし、それは「今」だけの話。「彼女」にとって少女はやがて邪魔になる。「彼女」の心の奥にある母性という名の怪物は、いずれ少女に牙を剥く。
Fenris wanted it. The most important thing to "her" was that Fenris and the bloodline continued. She respected the will of Fenris to protect the girl - for now. Eventually "she" would become a problem when her deadly "maternal instincts" turned on her.

雑魚にかまう暇は無いわ
Step aside.

どいてください
Get out of my way.

これが……力
This is my power.

[守王]フェンリス [Mother Beast] Fenris
日の中、はしゃぐ声。黒と白との小さな頭巾が、互いを追いかけ笑い合う。森の中に建つ小さな家。その大きな庭で、幼子たちは遊んでいた。やがて、遊び疲れた二人が向かうは、側で見守るフェンリスの膝。丸くなり、たちまち微睡む子供たちへと、彼女は穏やかな微笑みを向ける。そしてその背を、赤い頭巾の彼女がそっと、音も立てずに優しく包む。こうして四人は寄り添い合い、人里離れた静かな森で、永く、満ちたる刻を生きた。
Black and white hood girls is playing tag while laughing. The small house built in the forest. Girls were playing at the big garden. And then, two got on Fenris's knee. She smiles gently to the sleeping children. And a red hood girl hugs her back quietly. Four lived happily at the quiet secluded forest.

しぃー!静かにッ!
Shh! Be quiet!

さて、ご飯を調達しないと
Must prepare the meals now.

静かに……暮らしたいんだ
I want to live quietly.

大丈夫、退がっていて
Leave it me.

リィン Lynn

[守護王]リィン [Guard Lord] Lynn

右の刃が矢を落とし、左の刃が咽喉を穿つ。異国仕込みの双刃が、寄る兵たちのことごとくを、斬り伏せ、結び、王へと進む。戴冠式のその日、王を襲うは或る小国の黒髪の剣士、リィン。対する五十の兵を前に、リィンはまさに瞬く間に、怒りを振るい五十の屍を築き上げた。そして残る一へと瞳を向け、血吸い煌めく刀と刀を、新たに逆手へ構え直す。心を覆うは復讐の闇。眼前の、つまり今此の国を治めた、愚かな王たる男こそ、愛する姉の仇として、剣士は怒りの刃を向けた。
Surely but steadily, he made his way to the king, cutting down arrows with one hand and slashing throats with the other. Lynn, the dark-haired attacker, had soon killed all fifty of the king's guard. He turned his gaze to the king, whose coronation was now ruined. He switched his blades from one hand to the other and approached the fool of a king who killed his sister.
 
貴殿の墓標をここに刻まん
You slay there.
 
この双刃は姉上が為に……
For sister.
 
許せ、儚き者よ
Forgive me.
 
[主護王]リィン [Protect Lord] Lynn
「愚王」の命を護り切る事。それがかつての戴冠式の日、リィンが交わした誓いであった。以来、その双刃を振るう剣士は、王の命に群れ寄る火の粉を、幾度も払い続けている。竜に限らず、人も、化身も、神すらも、手にした刀は血で染め上がり、王の覇道は尚進む。しかしそれでも誓いの時より、王とリィンが交わした言葉は一言たりともありはし無い。ゆえに誓いの言葉だけが、今なお二人の耳に残り続け、やがて剣士が王を討つ、その瞬間まで響き続ける。
On the day of the coronation, Lynn exchanged a vow with the Fool King to protect his life. He slew dragons, humans, avatars, and even gods in the service of his lord, helping him extend his power. Since that day, the two had not exchanged a single word. And it would remain that way until the day he assassinated him.
 
これより刻むは我が王の標
Slay the king.
 
この双刃は兄上が為に
For brother.
 
許せ、命よ
Forgive me.

リヴァイア Levia

f:id:mario-4649:20180101151111j:image
[海王]リヴァイア [Sea Queen] Levia
七つの海を統べ、手にした水弓で悪獣を退治し続けた伝説の海姫。その美しい姿、歌声はあらゆる者を魅了した。しかし人々を恐怖で支配する悪食王が現れ、海、そして陸の様子が一変してしまったため、彼女は仲間と共に王を封印するべく、世界の果ての八つ目の海へと旅立った。
Legendary princess of the sea, who rules the seven oceans and fights beasts with her water bow. Possessing a beauty of both body and voice, she travels to the distant eighth ocean to seal away the Glutton King’s evil.

終わりにしましょう!
The end!

眠りなさい、安らかに!
Rest in peace!

これも運命なら……
This is a destiny.

[海竜王]リヴァイア [Sea Dragon Queen] Levia
仲間の犠牲を踏み越え、ついに邪悪の化身「悪食王」と対峙したリヴァイア。彼女は震える手で弓を引く。しかし、決して矢を放つことが出来ない。それが、目の前で猫のような奇妙な笑い声を上げるその邪悪な存在が、彼女のかつての双子の姉である事に依るのは、明白であった。
Levia finally faces off with the Glutton Queen losing comrades along the way. Her trembling hands draw her bow. She couldn't fire, however, because the terrible creature in front of her, with its cat-like laugh, was clearly her long-lost twin sister.

射抜け、翠竜弓!
Pierce, Leviathan!

私が決着をつけます!
That is it!

もう苦しませはしない!
I don't suffer!

[海龍王]リヴァイア [Queen of Leviathan] Levia
過ぎ去った日々は、もう戻らない。弓を構えた手の震えが止まる。己が過去にすがり泣き、結果、姉は犠牲となった。その過ちを、また繰り返すのか。焦点が合い、狙いは定まる。踏み越えてきた屍は、こんな迷いの為に在ったわけでは無い。それを、それすら過去として振り切り捨てる。もはやそこには迷いなど無く、あるのは苛烈な決意のみ。そして矢は放たれる。
The past is beyond recall. Trembling of her hand which was holding a bow stops. Her sister was killed by her hand. She focus on—she who erased the past has no hesitation. She prepared herself—and she shot an arrow.

もう迷いはしない
I don't suffer.

ありがとう……
Thank you...

いきます
I shot.

[光海王]リヴァイア [Light Sea Queen] Levia
々の、一つのお話。あるところに、とても美しい姿をした海のお姫様が居ました。彼女は命が尽きたその後も、海の底から世界の海を見守り続け、光を以って海を照らし、航海に迷う船を導き続けました。やがて時代が流れゆき、人の光が海を照らし出した頃、役目を終えたお姫様は、ゆっくり天へと昇ってゆきました。
An old tale: There was a beautiful princess who continued to watch over the sea even after death. Bringing light to the depths, she guided ships to safety. When the light of man came to illuminate the sea, her duty was fulfilled and she rose to heaven.

それが私の罪
That is a my sin.

進むべき道を照らします
I advance to illuminate road.

罪を償います
I atone for a sin.

[冥海王]リヴァイア [Dark Sea Queen] Levia
昔々の、一つのお話。あるところに、とても美しい歌声を持つ海のお姫様が居ました。彼女は命が尽きたその後も、海の底から歌を詠い、海で命を落とした者達の魂を、冥府の海へと導き続けました。やがて時代が流れゆき、海で命を落す者も少なくなってきた頃、役目を終えたお姫様は、ゆっくり冥府へと歩んでゆきました。
An old tale: There was a princess with a beautiful voice. Even after death, she sang from below the sea to lead the souls of the seafaring dead safely to the netherworld. When less people died at sea, her duty was fulfilled and she entered the netherworld.

それが私の罰
That is a my judgment.

逝くべき道を導きます
I lead the netherworld.

罰に抗います
I resist a judgment.

[氷王]レヴィア [Icicle Queen] Levia
先の時代より続く名家、ヴェルブラッド家は大陸全土の約三割という広大な土地を治め、またかつて先時代を襲った災厄から民を守護した功績により、その地に住む人々から惜しみない賛辞を受けていた。その長女レヴィアは、自ら竜を討伐する荒々しさを持つ反面、時に双子の妹と共に美しき唄を披露する可憐さを併せ持っており、その評判は治める地のみにとどまらず、広く遠い地までも知れ渡っていた。だがそれが同時に、或る悪の種を招く。
The Velbloods once ruled a third of the continent. The eldest daughter Levia could single-handedly slay a dragon as well as beautifully perform songs with her twin sister. This brought her renown, but also the seeds of a tragedy.

これで終わりよ
The end.

眠りなさい、安らかに
Rest in peace.

今は倒れる時では無いわ
Not end yet.

[氷竜王]レヴィア [Icicle Dragon Queen] Levia
レヴィアには、今は亡き先代、即ち母により託されたものが三つある。一つは生前、母が従えた翠色の鱗を持つ竜。二つ目は、泣き虫で弱虫なレヴィアの双子の妹。ヴェルブラッド家には代々必ず双子の姉妹が誕生する。レヴィアもまた同様に双子としてこの世に生を受けた。そして双子は必ず或る唄を継ぐ。姉妹が互いの幸せを願うその唄こそ、母より託された三つ目の形見であり、即ちその唄が止む時が、姉妹に悲しみが訪れる刻でもあった。
Levia's late mother gave her three things: a green dragon she commanded; her twin sister, a weak child prone to crying; and the song given to the twins birthed by every Velblood woman. When the song is sung, all is good; when it dies, tragedy strikes.

凍れ、氷竜剣
Freeze, Icicle Dragon Sword.

凍れる刻に逝きなさい
Go to Cocytus.

立ちなさい、何度でも
Stand up.