Road to English

Learn to English

ユーリカ Yurika

f:id:mario-4649:20161222215300j:image
終わりを、此処に刻む
Engrave the end here.

[書王]ユーリカ [Queen of Tomes] Eureka(Yurika)
この世のどこかに存在するという「禁書館」の管理を務める司書官。あらゆる魔導書をその管理下におき、監視している。有史以来、たびたび各文献に記述上は登場しているが、その存在は謎に包まれおり、一説によれば彼女が魔導書を生み出しているとの事だが、詳細は不明である。
The master librarian who manages the mythical Forbidden Library which is hidden somewhere in the world and is responsible for all magical texts. She often appears in historical texts which suggest that she may be a creature of some unknown magic.

我が名を刻め!
Engrave me!

切なる祈りの路を拓く!
Open up the sincere road!

ここで貴様の幕を引く
You end at here.

[幻書王]ユーリカ [Queen of Forbidden Tomes] Eureka(Yurika)
この世界を観測し、その全ての出来事を記録し続ける役割を持つユーリカ。彼女はいずれ人がドラゴンに打ち勝つ為に、繰り返される時の中で、あらゆる出来事を観測し英雄たちの物語として魔導書に書き溜めている。そして「虹の時代」、彼女はついに歴史の表舞台へと姿を現した。
Eureka's role is to observe and record the world. Preparing for the time when humans will finally defeat the dragons, she records the stories of all the heroes through history. Finally, in the Rainbow Age, she steps onto the stage herself.

これこそ真理
This is a truth.

対象を永久に記録する
Target is recorded forever.

貴様の物語は終わる
Your story is end soon.

[禁書王]ユーリカ [Queen of Forbidden Texts] Eureka(Yurika)
ユーリカには、元となった存在が居ない。「書」から生まれた造られし偶像、それが彼女であった。もはや己を造り出した創造主の束縛から外れたため、自由な思考と行動権を獲得しており、またその「眼」から逃れるべく、難攻不落の王都にて「禁書館」を築いた。惑いはそれすら、創造主の思惑通りかもしれないが、今は己の意志を信じ、ただひたすらに準備を進める。
Eureka came from nothing. She was an idol created from books and free from her Creator. With freedom of thought and action, she built the Forbidden Library to escape his gaze. This may have been his goal all along, she believed it was her own plan.

対象の記録を終了する
End the target record.

真理の刻は近い
Truth is soon.

断罪する
Convict.

[焔書王]ユーリカ [Queen of Flame Texts] Eureka(Yurika)
そのユーリカは「火の時代」の書を著す。膨大な書を造り出すには、ユーリカ個体の能力では物理的な難が生じる。そのため彼女は、自分で自分の魔導書を出力し、そこから彼女自身を呼び出した。個体によって特性を分け、今は合計五体のユーリカが存在している。ちなみに元来からの性質か、整理整頓が苦手であり、書の管理のみ人畜無害なよりしろに任せている。
She writes a book of the Age of Fire. Resulting hardship for she create a huge amount of tome by herself. So she summoned herself from her own tome. Now, exists five Eurekas. By the way, she's weak in cleaning, so the management of tome in charge to a Spirit.

焔の書、業火の如く
Flame text the same as hellfire.

あれどこやったっけ……
Oh, where was it......?

封印する

[瀧書王]ユーリカ [Queen of Dragon Texts] Eureka(Yurika)
元より継がねばならぬことであった。その娘を禁書館へと招き入れたのは、勿論ただの気まぐれでは無く、己の意志と、娘の強いが引き合った結果であった。数千年を偽りの魂としてあり続けたユーリカだが、その魂はあと数年で消えて亡くなる。だからこそ今、見定めねばならない。その娘、ルカこそ、来るその日に、受け継ぐべき者かを。
Her own will and girl's strong will pulled each that the girl was shown into a Forbidden Library. She who continued existing for thousands of years as a false soul, but the soul disappears at several years more and passes away—so, I have to make sure now. The girl, Luca are whether the person who should inherit on when come the day.

瀧の書、清濁の如く
Dragon text the same as purity and impurity.

私の意志をお前に継ごう
My will succeed for you.

記録する
Record.

[絶書王]エウレカ [Tome Destroyer] Eureka
注意:閲覧、解放禁止
封印指定原書:No.0001

表題:総テノ禁書ヲ絶チシモノ
Caution: Viewing/release prohibited
Sealed Specs Source File: No. 0001

Title: The Exterminator Banned Tomes

燃やしてあげる
I'll burn you.

逝け、この世の全ての命たちよ
Die, everything.

[滅書王]エウレカ [Tome Destroyer] Eureka
エウレカの目に、全ての事象は虚に映った。決して終わることのない戦い。それは幾千、幾万、幾億続き、そののち再び繰り返される。永遠の輪廻に彼女は囚われていた。否、彼女では無く、もはや世界の全ては空虚な円環と成り果てていた。故にまた、彼女は手にした禁書を灰にする。二度と元には戻らぬよう、二度とは刻を繰り返さぬよう。しかしそれでも繰り返される。時は再び刻み始める。やがて更なる無限を経た後に、彼女はついに決断する。そして世界は、反転を始めた。
All phenomena were reflected in her eyes hollowly. The endless war; thousands, tens of thousands, hundreds of millions sequels repeated again. She fall to eternal metempsychosis—no, that was the nihility world themselves. She burns the texts—in other to never repeat again. Nonetheless, repeated. She decides at last; then the world has begun to turn over.

滅してあげる
I'll destroy.

征け、この世の全ての魂たちよ
Decease, all souls.

[全書王]ユウリカ [Compendium Queen] Eureka(Yurika)
残る時間は零となった。残る時間は零となった。
手にした筆は床へと堕ちついに目覚めの刻は訪れ
、見える景色が傾いてゆ、彼女はゆっくり眼を開
く。映るは彼女が刻んだく。映るは滅し絶つべき
書の数々。ユーリカは、書の数々。それらは此処
薄れる意識で其れらを想から先に、必要無い物。
い、そしてゆるやかに眼ゆえに表裏は反転し、書
を閉じ、眠りについた。を絶つ彼女が形を成す。
Time has become zero.
Time has become zero.
The brush she had in her hand falls in a floor, and she opens eyes slowly.
The moment awaken comes at last, and the seen scenery is tilting.
Variously of the tome by which she carved to come into a vision.
Variously of the tome which should destroy and cut off to come into a vision.
She thinks of those during the consciousness which fades away and she closes eyes and has got to sleep gently.
Something to which those aren't necessary from here—therefore the front and back are reversed and she who cuts off a tome makes the shape.

おやすみ……なさい……
Good......night......

目覚めの刻は来た
Come to the awakening.

表裏は……反転する
......Reverse.

[始書王]ユリイカ [Began Tomes] Heureka

[終書王]ユリイカ [Tomes of End] Heureka
f:id:mario-4649:20161222212602j:image
終わりを、此処に刻む
Engrave the end here.

D

[D]D'Artagnan
この花園を、彼女に捧ぐ。
The paradise offer to you.

彼女好みに……仕上がったな
Finished for her.

全ての騎士は乙女が為に
All Chevaliers for maiden.

我が花園は未来の為に
My flower garden for you.

LoveLetter
もう届かない、あの日の約束。
An promise of that day never reaches.

f:id:mario-4649:20160829205431j:image
[D]Dione
紳士の楽園『D-ClubGirls』の現オーナーにして、世界を股にかける天才ソルシエール、ディオーネ。かつて不動のトップを誇り続けた彼女の手腕は、第一線を退いて尚健在であり、今も世界のあらゆる紳士が、神とも呼ばれるその美、その知を求めてやまない。ただかねてより酒癖だけは非常に悪く、酔いが回ると破壊の限りを尽くしかねぬ為、従士たちが「酒飲み神の境界線」として飲酒量を明確に定め、楽園の崩壊を未然に防いでいる。
Dione, top Sorciere who an owner in the D-Club Girls as well as travels all over the world. Her talent to take pride in the immovable top is first-class, and all gentlemen of all over the world go to her as a god. But she is a very vicious drinker; when she gets a drunk, she has a fear that destroys, so attendants set amount of drinking clearly as "frontier of a drunkard god" to prevent a collapse of a paradise.

悪いが私は安く無いぞ
Can't do liquor me.

その境界を踏み越えてこい
You can get liquor me?

まだまだ酒が足りないな
More liquor me!!

神々のSake God's Sake
お酒は二十歳になってから。
The legal drinking age is 20.

ディオーネ Dione

f:id:mario-4649:20161222213808j:image
まだ足りないか半端者
Childish, more want it?

ディオーネ Dione
ある砂漠の酒場。記憶を失くした女や、過去を捨てた傭兵が集う、そんななんの変哲も無い場末の酒場の舞台でディオーネは踊っていた。その流麗な身のこなしは観る者全てを魅了し、あらゆる権力者を虜にしてきた。そんな人の滑稽さに笑みしつつ、神たるディオーネは今宵も踊る。
A tavern in the desert where girls with no memories and mercenaries with no past seem to gather. Dione's graceful dancing enthralls all who see her. The goddess laughs at how thoroughly she captivates the audience as she continues her dance.

邪魔だ下がってろ!
Die off!

これが世界の選択だ!
This is the world!

私がやる
I do it.

[世界神]ディオーネ [World Goddess] Dione
神々、とは世界を創造した者の事では無い。既に在るこの世界を管理する為に、創造主たる魂から分離した存在に過ぎない。である為、本来、神々は自らの使徒と共に世界を正しく管理するのが役目だが、ディオーネの場合、己の責務をほっぽり出し、人の世で放蕩の旅を続けている。
The gods did not actually create this world. They were born of soul fragments from the true creator, and they act as observers. They were meant to use their apostles to keep balance, but Dione rejects this and simply enjoys the human world.

滑稽だな半端者!
You're childish!

さぁ、刻むぞ!
Slay you!

引っ込んでろ
Die off.

[境界神]ディオーネ [Frontier Goddess] Dione
ディオーネは神でありながら他の神や使徒といった同属にはあまり興味が無い。それらが何を考えどう行動しようが所詮は記録の再生でしか無い事を知っているからである。過去には気の置けぬ友も居た。神へ反逆し処分されたその友を想うたび、彼女は神である事の虚しさを感じる。
Despite being a goddess, Dione had little interest in gods or apostles and viewed existence as nothing more than predestined actions playing out. Her only friend was executed for defying the gods, so Dione felt saddened by her own divinity.

そこが世界の境界だ
There is a frontier.

どこを刻んでもらいたい?
Where do you want it?

刻み尽くしてやるよ
Slaughter you.

[境解神]ディオーネ [End Goddess] Dione
風は無く、空は停滞している。山の頂から見える王都には今、何百、何千という飛竜の大群が襲来していた。ついに始まる「刻の終わり」。果たしてそれがもたらすのは、世界の終わりか、始まりか。それとも或いは今度こそ、「D」の始界に至るのか。風が、微かに音を鳴らす。血塗れの髪が空を泳ぐ。彼女の旅は、もうすぐ終わる。自由に焦がれて、自由を憎み、自由を憐れみ、自由を想う。何より「自由」を望み抜いた、独りの神の終わりが近付く。そして、冷たき刃が首に触れる。
Thousands of dragons flew into the capital. The End of Time was drawing near. Would it mark the end of the world or a beginning? Or *D*—Genesis? Dione's quest for freedom was about to end. The next instant, a cold blade pressed against her neck.

これが世界の境界だ
Here is a frontier.

四の五の言わずさっさと逝け
Die out soon.

乞え、そして哭け
Cry forever.

[至界神]ディオーネ [Nothing Goddess] Dione
腕をもがれる夢を見た。足を斬られる夢を見た。首が堕ちゆく夢を見た。或いはそれは本当に、夢中の出来事だったのだろうか。神は元来、夢を見ない。見る必要が無いからだ。その自由すら、神には無い。だから彼女は此処に来た。果たして其処は一つ終着。何千年の旅路の果てに、彼女が至った空狐な解。即ち来たるは「刻の終わり」。彼女はそこで「神」を捨てる。だが、また「神」が、決してそれを許しはしない。彼女を囲みし総勢72神。そして、双つの剣が鳴る。
She has seen things in dreams: her arms, legs, and head flying through the air. But, to dream was to be free, and that was why she had come, in spite of these dreams, to put an end to it all. The 72 gods who surrounded her edged forward.

刻み尽くして散らしてやる
Bloodbath you!

思いのままにぶち撒けろ!
Scatter!

私が刻む
I slay you.

[始界神]ディオーネ [Genesis Goddess] Dione
ディオーネが其処に駆けつけた時、全てのことは終わっていた。一つの「器」を守り通すため、神と闘い、そして散った友。まるで眠っているかのような穏やかな表情。その頭を、器がやさしく撫でている。まるで眠る母を愛おしむ子どものように。拙いながらも、必死にその手を動かして。その目に涙をたくさん堪えて。ディオーネは想う。友が遺したその意志は、生きる自由を目指した意志は、決して無駄では無かったと。それこそ生きる、意味そのものだと。
Dione found her friend dead, having fought the gods to protect a mere Doll. Yet, this Doll now sat beside her friend, caressing her head with undeniable compassion. She had become human and attained the freedom her protector had sought.

生きることこそ戦いだ
To live!

まだまだやり足りないだろ?
Do you want more?

これで終わらせる
Finished here.

[廻境王]ディオーネ [Cycle Frontier] Dione

[境壊神]ディオーネ [Ragnarok Frontier]Dione
f:id:mario-4649:20161222213808j:image
まだ足りないか半端者
Childish, more want it?

レオーヌ Leone

レオーヌ Leone
レオーヌは王を守護する騎士の一角である。王に害為す者があれば、その剣を弓につがえ、躊躇無く心の臓を射抜く。幼き頃よりそう教え込まれ、そして育てられて来た。たとえそれが王の親族であろうと、禁忌とされる竜殺しであろうと、あるいは彼の愛する者であろうと、その刻が来れば彼女は、迷うこと無く弓を引く。
Leone is in the Corner of the Knights to protect the king. She draws her bow, she shot to the appeared enemy who kill a king. She has taught from her child ago. Even if appeared the king's kinship, the dragon killer or his loves person, she draws a bow.

そこがあなたの死線です
Your death place.

王の命に触れれば、射抜く
Shot you.

我が剣は王の為に
For a king.

王の為ならば
If for a king.

[弓剣王]レオーヌ [Pierce Blade] Leone
レオーヌは天性とも言うべきその感覚で、王に群がる害虫を駆除する。それは時に王の理解者を装い、またある時は懇願する民を演じ、王の命を奪おうと近付く。レオーヌはその者たちの心臓を、王すら知りえぬ間に穿ち、闇に葬り続けて来た。しかし彼女にとって重要なのはいつなん時も王の命、ただそれのみ。ゆえに彼の思想も、語る言葉も、あるいは人格そのものすら、守護をするには値せず、それらがいかに侵されようとも、決して剣を抜く事は無い。
Leone exterminates the vermin who crowd round a king. The vermin who are reconciled and try to kill a king. Leone buried those. Her vocation protects a king, that's all she will it. Even if he would be infringed by those, she never draw a sword.

二度、警告は致しません
Last warn.

王に触れれば、殺す
Kill you.

[穿剣王]レオーヌ [Penetrate Blade] Leone
王へと害為す憎悪の群れが、竜が如くに渦巻いていく中、レオーヌはその中心を的確に見極めていた。祭壇の上、王と共にこの世の平和、あるいは終わりの言の葉を紡ぎ続ける彼女こそ、今此処に至り、ついに王の喉元に突きつけられた刃そのものであった。ゆえにレオーヌは剣を抜く。周囲の暴徒に一瞥もくれず、瞬きもせず、また呼吸をも止め、彼女が愛するその者の命を蝕み喰らう虫へと、迷う事無く弓を引く。
Leone penetrated accurately the center of swarm of the vermin who surrounded a king. The blade which pierced on his throat was her words of the oath with a king and she in the altar. Leone removes a sword. She wide-open her eyes, hold the breath - she drew a bow to the vermin who kill her loved one.

心の臓へと我が剣は届く
Pierce your heart.

くたばれ、害虫
Die, vermin.

我が命は王の為に
For a King.

Sorciere Maria

f:id:mario-4649:20160910174109j:image
[聖女]Maria [Sorciere] Maria
[Sorciere's Profile]
本名:マリア・ルナ・トライエル
年齢:21
身長:160
3S:79/57/81
趣味:家出、城下巡り

[Sorciere's Profile]
Name: Maria Luna Triel
Age: 21
Height: 160
BWH: 79/57/81
Hobbies: Going-out, Tour of castle town

頑張る人が大好きです!
I love you!

よしよし良い子っ!
There, there!

私の傘に入りませんか?
Do you into my umbrella?

[天真聖女]Maria [Angel Sorciere] Maria
紳士の楽園「D-ClubGirls」に舞い降りた奇跡のソルシエール、マリア。彼女が纏う慈愛に満ちた立ち居振る舞い、あるいは時折見せる天使のような微笑みにより、過去多くの紳士が癒やされ、明日を生きる希望を見出してきた。中でも「天真聖女の優しき恩赦」と呼ばれる、彼女の暖かな頭撫では、それを受けるとほぼ同時にまるで春雷の如き衝撃が全身に疾走ると云われ、あらゆる腰痛、心の傷に効果てきめんと評判である。
Maria, Angel Sorciere who has flown down to the D-Club Girls. A lot of gentleman who healed and brought the energy to live, by her deportment benevolentness, and she shows smile on her face like an angel. In particular, her warmth caress called "benevolent amnesty of Angel" is shock run to the whole body as a spring thunder, furthermore, it is an instant effect and reputation in the wounds of all low back pain and heart.

あんまり無茶は駄目ですよ?
Don't overdo it, okay?

痛いの痛いの翔んでけ~!
Pain, pain, go away~!

これで相合い傘ですねっ!
This is a under one umbrella!

姫のお出かけBag
Princess's Going Out Bag
お泊まり道具とその他諸々が詰まった鞄。
A bag which filled the stay-items and lot of other things.

開きし刻、舞い降りるのは希望か絶望か。
When it was opened, flutter down the hope or despair.

コニィ Cony

コニィ Cony
コニィは、とある名も無き大監獄の看守長である。かつて「咎人」であった彼女は、処刑人の手によりこの監獄へと連れてこられ、あげく監獄長の趣味により着たくも無い服を着させられ、かれこれ数百年をこの場所で過ごしている。いずれ自身の刑期が終われば、これまで必死に働いた分の金を手に、外の空気を満喫するつもりでいるが、そもそも彼女は自身の刑期の長さを知らず、更には賃金が支払われた事も特に無い。
Cony is the jailer to the nameless great prison. She who was a Sinner is put in the Jail by the executioners, and she wears the tasteless clothes and has almost spending centuries at this place. When her prison term ends, she's going to enjoy outside fully with the money she earned desperately, but she is in ignorance of length of her prison term, furthermore there are no case her wages were paid.

シャバの空気は旨かろうて
I think about the outside.

私もいつか自由を得るッス!
I'll be free!

アイ、ビリィィイブ!!
I BELIEEEVE!!

[自由王]コニィ [Freedom] Cony
いや別にこの職場に不満があるとか、そういうわけじゃ無いんスけどね。ここに来てから、っていうか入れられてからもう何百年経ってんのか、と。んでもって、なんで私はただの一日も休みを貰えねぇのか、と。こんな暗くて陰気くさい場所で、着たくも無い服着せられて、おまけにここ数十年、ヴェル姐さんはろくに構ってもくれやしねぇしで。だから私はここを出て行く事に決めたんス。あ、止めても無駄っスからね。私、意志だけは固い方なんで。
I have any real problems with my job or my workplace. I feels been centuries since I came here, or rather since I was put here. And I've been wondering why ask for to get measly day off. I'm stuck in this dark, gloomy place all day, wearing clothes I don't even want to wear, and on top of that, Vel hasn't shown sign of giving a hoot about me in the last couple decades. And so I'm going to get out of here. There's no point in trying to stop me. I'm strong-willed.

私、意志だけは固い方なんで
I'm strong-willed.

これが私の退職届ッス!
I'll retire!

フリィィイダム!イエァ!!
FREEEEDOM! YEAH!!

[看守王]コニィ [Jailer] Cony
[復職願]

名称:
コニィ・ライラック

囚人番号:
002604739

事由:
外の世界は、私に冷たいっス。

[Reinstatement Application]

Name: Cony Lilac

Prisoner Number: 002604739

Reason: Outside is cold to me.

シャバは私に冷たいッス…
Cold to me...

勤労こそが人生だ!!
Work is my life!!

ァイエッサー!!
YES, SIR!!

イザナミ Izanami

[滋王]イザナミ [Queen of Energy] Izanami
それは、古くから伝わる或る伝承。遙か東の、更に東。広い海のただ中に小さな島が一つ浮かんでいる。島の名は無く、其処に住むのも、たった一人の老婆のみ。しかし、彼女が作り出す料理の数々は、それを食した者たちを瞬く間に幸福へと導く。ある者は武勲を上げ、またある者は奇異な病を完治させた。老婆は望む者全てに自身の料理を振る舞ったが、ただ一つだけそれらの者に決まり事を課した。それは、炊事を行う彼女の姿を決して見てはならぬという事であった。
There is a legend of an island in the far east inhabited by a single old woman. Her cooking is said to bring fortune to all who partake of it. She feeds all who come to her, but on the condition they never watch her as she prepares their meal.

もごもご……
Bumble...

飯、喰ってくかい?
Do you eat my meal?

心は力、力は心
Heart is power, power is heart.

[艶王]イザナミ [Seductress] Izanami
その男は、老婆の料理を欲し続けた。国を造り、民を増やし、それらを収めた男は、更なる栄光を求め、彼女の住む島へと足しげく通った。老婆はそれを拒まなかった。いつも通りのやさしい笑顔で、温かな料理を男に振る舞った。ある時、男は老婆を自身の城へと招く事を決めた。老婆はそれも拒まなかった。そして男は、自身と自身の客人の眼前で老婆に炊事を披露する事を強いた。果たして老婆は、拒まなかった。
A man once sought the old woman's cooking to bring further prosperity to his kingdom. As always, she obliged happily. He then invited her to his castle and demanded she prepare the food in front of his guests. Again, she obliged.

さぁさ、罰をお受け
Your punishment.

いいねぇ、いい精気だ
You're good energy.

これが私の本当の姿さ
This is I.