読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ローレッタ Lauretta

賢者ローレッタ Sage Lauretta
「教国」と呼ばれる土地に囚われた賢者。元は孤児であったが、その魔力を認められ教国へと連れてこられた。教国とは、魔導師イデアを封印するために、空の上に作られた人工の島国であり、封印されている当の本人、イデアによって作り上げられた場所のことである。
Originally an orphan, this sage was held captive in the Holy Land because of her magical power. The Holy Land was actually an artificial island in the sky that Idea created to seal herself away.

愚鈍ね、呆れ返るわ…
You're disgusted.

その顔はもう見飽きたわ…
Get out me.

作戦変更ね
Change strategy.

軍師ローレッタ Tactician Lauretta
「教国」にて軍師の地位にあるローレッタは悪夢にうなされていた。それはある暴虐の王の物語。非道の限りを尽くした王が封印されるも、その封印を食い破り復活する様であった。恐怖のあまり目を覚ましたローレッタは、しかし思いがけず、猫のような奇妙な笑い声を上げていた。
Lauretta has achieved military rank in the Holy Land, but suffers a nightmare about a crazy king. He was sealed away for his crimes, but now appears to be consuming that seal. Lauretta awoke terrified, but then gave a strange, cat-like laugh.

ニャハ…ハ……
Me...meow...

恐怖の……門が…!
Gate of...fear...!

ニャハハハハハ!!
Meowmeowmeow!!

[悪食皇]ローレッタ [Devouress] Lauretta
悪食王の魂を引き継ぎし幾人もの魔女が、役目を終えた宿主を見下ろす。両の腕を無残にもがれ、壁を背にして地に腰を落とすその女は、自らが流した紅く揺らめく血の上で、弱く浅い呼吸を繰り返していた。自らの記憶、或いは人格を封印し、必死で悪食王の魂と戦ってきた女。しかしその実、女の中のもう一人の女は永い刻をかけ、悪食王の魂との融合を続け、そして其れは成った。やがて、ローレッタの口から漏れる猫のような奇妙な笑い声とともに、女の首は宙を舞った。
Many witches who took Glutton Queen's soul over look down upon the woman. Woman was pressed into the wall. Woman who sealed up herself memory and personality, and she fought against Glutton Queen's soul. But her another personality has continued to be fused with Glutton Queen's soul, and has been completed. Lauretta has strange cat-like laugh, and woman's head was blown away.

ニャハハハハハ!!
Meowmeowmeow!!

恐怖の門は開かれたッ!
Opened the gate of fear!

心臓を捧げるがいい
Devote your heart!

[悪徒王]ロレッタ [Devourer] Loretta
空の上、遥かな天に其れはある。かつて「バベル」と呼ばれたその地は、いまや「教国」なる名で呼ばれており、玉座には悪食の使徒、ロレッタが居る。眼下に広がる有象無象は、今や全てが彼女の手上にあり、望めば或いはその全てを、再び闇へと堕とすことも出来る。だが、彼女はそれを望まない。即ち望むは、まだ早い。「封印」全てが解かれた時、その時にこそ、彼女はあの日、あの時のように、猫のような奇妙な笑い声を上げる。
Far above the skies is the Holy Kingdom in what was once Babel. Its ruler is Loretta, disciple to the Devourer. She awaits the day when the spells will be broken so she can throw the kingdom into darkness once again.

ニャハッ
Meow!

真なる闇はこれより始まる
Begin the true darkness.

悪食の徒の力を見よ
Behold the power of Devourer.

[魔導王]ロレッタ [Magician] Loretta
「大災厄」から17年が経ち、世界の有り様は大きく変わった。かつて神と呼ばれ天に棲んでいた者たちは地に堕ち、「東の世界」で汚らわしき在来種と不毛な争いを続けている。そして仇敵たる人はと言えば、こちらもやはり、見せかけの「協定」を盾にして不毛で無様な戦いを、繰り広げている。それはロレッタにとって好都合とも言えるし、それでもまだ足りない、とも言えた。即ちもっと大きな「禍」を、彼女は求め欲していた。
Since the Great Cataclysm 17 years ago, both the gods who fell to earth and the humans who they once fought continued to engage in pointless war. This was good as far as Loretta was concerned, but not good enough. She wanted even more chaos.

ニャハ!
Meow!

眠る世界に禍を堕とす
The world fall in the chaos.

これすら欠片の力に過ぎぬ
Such power...