読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

クレナイ Kurenai

[子狐王]クレナイ [Young Fox] Kurenai
幼き頃のクレナイは、二人にとても憧れていた。「てんぐ」の娘べんてんと、「ひてん」の嫡男アシュラの姿に。二人よりも一族の位が低いクレナイであったが、べんてんとアシュラはそんな事も一切気にせず、毎日毎日、日が暮れるまで共に過ごして、共に育った。だが時は経ち、心は変わる。変化したのはクレナイであった。翼を持たぬ劣等感は、彼が位を気にする様に、過剰に思い、詰めるように、心の様を変えてしまった。そうしてやがて憧れが、一つの狂気に変わりゆく。
As a young boy, Kurenai admired the Tengu girl Benten and the Hiten boy Asura. Though higher in status, they played with him all day as if he were their equal. His sense of inferiority, however, grew by the day, turning admiration into madness.

ぼくだって……翼が欲しい
I want wings.

どうしようもなく、劣る……
How inferiority...

劣っているのは……僕なのか?
Am I inferior?

[妖狐王]クレナイ [Fallen Fox] Kurenai
古来より、翼を持ちし者が上、翼を持たざる者は下、と、そういう定めの元に育った。「てんぐ」と「ひてん」の一族は、持たざる狐一族を、足蹴に今日まで生きてきた。自分が持たざる者ならば、全てを持たざる者にすれば良い。クレナイはついにそういう解に至った。ゆえに、手を取る相手を彼は選んだ。無邪気な笑顔の「てんぐ」でも無く、頼れる笑顔の「ひてん」でも無く、歪んだ笑顔のその「神」の、手を取り此の地の頂を、己の足で踏むと決めた。
Since ancient times, the winged Tengu and Hiten were thought superior to the wingless—Kurenai and his fellow Kitsune. So, Kitsune decided, he would make everyone wingless. That was how he came to join forces with a god with a malevolent smile.

ぼくが翼を、踏みつけてやる
Shatter your wings.

降りてこい……持つ者たち
Bring you down.

おちろ落ちろ堕ちろ墜ちろ!
Fall! Fall! Fall! Fall!!