Road to English

Learn to English

フェンリス Fenris

[獣王]フェンリス [Beast Queen] Fenris
世界で唯一、ドラゴンやモンスターと言葉を交わす事の出来る人狼。心優しい彼女は、争いを好まず、人間とドラゴンが共存出来る道を探し、日々奮闘している。ただ一年に一度、七つの月が空に浮かぶ「神月」の日は記憶を失ってしまう事があり、自身にわずかな不安を抱いている。
A wolf girl with the unique ability to talk to dragons and monsters. Gentle by nature, she hates conflicts and searches for a way for humans and dragons to coexist. Each year, there is a single night of which she has no memory - the night of the God Moon.

ごめんなさいッ!
Sorry!

オラァ、そこどけやァ!
Hey, back off!

ち、力が……
I got power...

[百獣王]フェンリス [Beast Empress] Fenris
「神月」の夜、ある少女の純血を飲んだことで完全なる人狼への変貌を遂げたフェンリス。心優しき彼女の人格は消失し、代わりに現れたのは、その凶暴性を微塵も隠そうとしない獣としての本性であった。そして獣は再びその少女の純血を得るため、彼女が待ち受ける地へ疾走った。
Fenris drinks the pure blood of a certain girl on the night of the God Moon and becomes a full lycan. Her kind nature vanishes, and is replaced with that of a wild beast. That beast then races to get more of the same girl's blood.

どけぇえッ!
Fuck off!!

貴様の血をよこせぇッ!
Take your blood!

血の力を解放するッ!!
Freed the blood power!!

[戟獣王]フェンリス [Spear Beast Queen] Fenris
酷い頭痛がフェンリスを襲う。もはや自身を保てる時間は、日に数時間あるか無いかであった。それゆえ「彼」に自由を許し、あの少女に決して癒えない「傷」を負わせてしまった。以来、少女を欲する「彼」の心は日に日に膨らみ続ける一方である。なんとしてでも「彼」を止めねばならないが、そんな折、フェンリスは「彼女」の存在に気付く。
Suffering great headaches, Fenrith remained lucid for just a few hours each day. This allowed "him" the freedom to "wound" the girl who could not heal. His desire for this girl grew, and she knew she must stop him. It was then, she discovered "her".

お願い……退いてッ!
Please move aside!

ごめん時間が無いの!
Hurry up!

一気に片を付ける!
Finished here!

[聖獣王]フェンリス [Holy Beast Queen] Fenris
其のフェンリスは飢えていた。「彼」は、かつて一度は組み伏せた少女を、絶対的な我が物とすることを望んでいた。即ちそれは、恐怖による篭絡。その情景を想い描き「彼」は冷たく醒めた笑みを浮かべる。が、その前に己の腹ごしらえである。狩り倒したばかりのドラゴンの肉を喰らいつつ、そういうえば、あの少女はちゃんと飯を喰っているのか、などと考え始めていた。
Fenris starved. "He" was desperate to make the girl his forever. He would control her through fear - a cold smile across his face. Before he could do that, he needed to feed. Biting the flesh of the hunted dragon, he wondered if she was eating properly.

血をよこせッ!
Take your blood!!

どけっつってんだろがッ!
Fuck off scum!!

みなぎってきたぜェ!
I got full power!

[悪獣王]フェンリス [Evil Beast Queen] Fenris
其のフェンリスは求めていた。「彼女」にとって最も大切なのはフェンリスと、その受け継がれるべき「血」であった。ゆえに「彼女」はフェンリスの意思を尊重する。少女を護ると決意したフェンリスの意思を。しかし、それは「今」だけの話。「彼女」にとって少女はやがて邪魔になる。「彼女」の心の奥にある母性という名の怪物は、いずれ少女に牙を剥く。
Fenris wanted it. The most important thing to "her" was that Fenris and the bloodline continued. She respected the will of Fenris to protect the girl - for now. Eventually "she" would become a problem when her deadly "maternal instincts" turned on her.

雑魚にかまう暇は無いわ
Step aside.

どいてください
Get out of my way.

これが……力
This is my power.

[守王]フェンリス [Mother Beast] Fenris
日の中、はしゃぐ声。黒と白との小さな頭巾が、互いを追いかけ笑い合う。森の中に建つ小さな家。その大きな庭で、幼子たちは遊んでいた。やがて、遊び疲れた二人が向かうは、側で見守るフェンリスの膝。丸くなり、たちまち微睡む子供たちへと、彼女は穏やかな微笑みを向ける。そしてその背を、赤い頭巾の彼女がそっと、音も立てずに優しく包む。こうして四人は寄り添い合い、人里離れた静かな森で、永く、満ちたる刻を生きた。
Black and white hood girls is playing tag while laughing. The small house built in the forest. Girls were playing at the big garden. And then, two got on Fenris's knee. She smiles gently to the sleeping children. And a red hood girl hugs her back quietly. Four lived happily at the quiet secluded forest.

しぃー!静かにッ!
Shh! Be quiet!

さて、ご飯を調達しないと
Must prepare the meals now.

静かに……暮らしたいんだ
I want to live quietly.

大丈夫、退がっていて
Leave it me.