読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ニコラ Nicola

ニコラ Nicola
ニコラは国に仕える錬金学者である。無から有を生み出す錬金学は、いまや最先端の学問であり彼はその研究の第一人者でもあった。没頭して打ち込める研究、そして妻と子供に囲まれ充実した人生を送っていたはずのニコラであったが、心の底ではまだ何かが足りなかった。
An alchemist serving the kingdom, Nicola was a leader in the cutting-edge field of creating something from nothing. Living with his loving wife and child and working in a captivating field should have made him happy, yet he felt something was missing.

消え去れ邪道め
Fuck off.

僕が証明してみせよう
I'll show proof.

ニコラ・レーゲン Nicola Raygan
ニコラは妻を亡くした。自宅で倒れ、彼の介護も虚しくその命を若くして散らせた。ニコラはまた子も失った。ある日、海に出たきりその子は帰ってこなかった。どちらの場合も、彼は悲しまなかった。それから半年後、彼は完全なる人の魂を、無から精製する事に成功した。
Nicola’s wife died after collapsing in their home, her young life burning out. He lost his son as well when the boy went to see and never returned. Nicola grieved for neither, and half a year later succeeded in creating a human soul from nothing.

僕に罪は無い
I haven't sin.

無と有は同価値だ
Both is equivalence.

魂を……捧げよ
Dedicate a soui...

[迷王]ニコラ [Wanderer] Nicola
ニコラは或る時、砂漠を旅していた。往くあても無く、はたまた目的すらもとうの昔に忘れ去り、ただひたすらに彼は旅をしていた。と、砂漠の彼方に一軒の家を見付ける。近づくと、それは昔、家族と共に過ごした彼の家であった。玄関の扉が開き、妻と子供がニコラを迎える。そして彼はひと時の安息を得る。それら全てが、悪食王の腹の中で見る夢、幻のものであったとしても。いつか全てが砂となり、彼が再び旅を始めるまで。
Nicola aimlessly wandered the desert until he came upon the hut he lived in once. The door opened, and his wife and children welcomed him home. Soon, the mirage created by the Glutton Queen would turn to sand, and he would once again continue wandering.

僕の証明は終わった
My proof have ended.

現実こそ夢足り得る
Actuality is enough.

僕はまだ、旅を続けるのか
It's endless wandering.