読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ジヴル Zhivil

[氷晶王]ジヴル [Eiskristalle King] Zhivil
寄る人混みに圧されつつ、その「氷硝」に覆われた都市をジヴルは一人歩いていた。或いは、背中の其れを友と呼ぶなら一人と一匹と言っても差支えはない。ともあれ故郷を離れて早二月。ようやく辿り着いた初めてにして大陸唯一の街。見るもの全てが新鮮であり、ゆえに周りの人混みが、彼らを避けて通る事にも彼は気付いていなかった。ともすれば、その無知こそがジヴルの「幸運」になり得たかもしれない。しかしそののち彼は知を得、表裏を成した「不幸」へと至る。
Zhivil walked among the Eisglas in town, a friend perched on his shoulder. Everything was so new to him that he failed to notice everyone getting out of his way wherever he went. Bust soon, he would learn things that would disillusion him.

氷硝よ、我が求めに答え給え
Eisglas, answer my object

君は必ず……応えてくれる
You would response to me

ふぅ……心を落ち着けて、と
Relax, relax......

[氷硝王]ジヴル [Eisglas King] Zhivil
街での暮らしも一月ほど経ち、故郷と異なる冷気にも、ジヴルと背中の友人は、随分馴染み始めていた。勿論それ相応に、生まれ故郷の特質ゆえ、良からぬ視線が向くことも多いが、こと「氷硝」を操る手並みにおいて、今や彼の右手に出るものはおらず、やはりそれ相応には良き注目も浴びていた。そんな或る日、彼が開いた工房の戸を、粗暴に叩く音が響く。慌て、ジヴルが開いた戸の先、其処には険しき顔でこちらを睨む、この街、或いはこの国の、第三皇女の姿が在った。
A month after settling in the city, Zhivil still got dirty looks, but also regard--for none could match his Eisglas skill. One day, someone came banging on the door of his workshop. It was a princess, the third in line to the throne.

氷硝よ、我が願いを成し給え
Eisglas, achieve my wish

君にはいつも……助けられる
You always help me

よし、まずは準備を万端にと
I'm ready start