Road to English

Learn to English

アルトリウス Artorius

[騎士王]アルトリウス [Knight King] Artorius
聖剣を引き抜き、唯一、全ての始まり「祖竜」へと辿り着いた歴代最強の騎士王。人でありながら人の域を超え、神にも匹敵する圧倒的な強さをドラゴンたちに見せつけた。しかしその旅は苦難の連続であり、彼はその強さゆえに彼自身の最愛の人を亡くすという悲劇にも見舞われた。
Knight King who pulled out holy sword and arrived at First Dragon. He obtained the overwhelming strength. But the journey was series of hardship, he was hit in the tragedy that lose his loved one by its strength himself.

聖剣よ!奴を切り裂け!
Holy sword! Cleave!

俺には勝つ責任がある!
I must win!

これが光の力だ!
Light of power!

[救世王]アルトリウス [Savior King] Artorius
その純真過ぎる正義ゆえ全てを失った騎士王。彼が犯した大罪、そして膨大な犠牲は民衆の失意と憎悪を同時に招き、高潔であった彼を一瞬で失墜させた。しかし彼の心は決して折れない。否、元より心など信念の拠り所では無い。例え心が砕けようともその歩みが止まることはない。
Knight King committed a mortal sin and enormous sacrifice caused disappointment and hate of the people by his own "justice", and he lost his nobility. Nevertheless, he never broken—and he never stops.

聖剣の力を解放する!
Release the power!

正義こそ世を救う光!
Justice is light!

正義の光を、世界に!
Light of justice, to the world!

[正騎士王]アルトリウス [True Knight King] Artorius
雪が静かに舞う中で、アルトリウスは空を見上げてる。一人、「祖龍」を斬り伏せた彼は、ついに終わったドラゴンと人との戦いを思い、己の心の空虚さを感じていた。もはや彼には何も無い。国も、民も、仲間も、愛した者も、全て失われてしまった。己が尽くした「正義」の果てに、誰が、果たして何を得たのか。巡らぬ思考を巡らす中、彼の背後に仮面の騎士が立つ。
In the snow, Artorius has looked up at the sky. He who defeated First Dragon by himself, he recall ended finally of war with person and dragon. Nothing is left for him. Country, trust, fellow, and his loved one he lost. "Who got what did?When he was considering in its brain, Mask Knight appeared behind him suddenly.

勝利を我が手に!
Victory in my hands!

我らは正義と共に!!
We together with justice!!

聖剣よ、我らに光を!
Holy sword, us to the light!

[焔騎王]アルトリウス [Flame Knight King] Artorius
夕暮れの城下を二人の騎士が歩んでいる。アルトリウスは、前を往くアレンに問う。貴公の正義は何を拠り所としているのか、と。アレンは応える。拠り所が無ければ成り立たぬ正義など、正義では無いと。理由を付ければ、それはたちまち虚となり悪と表裏を共にする。かつて果たせなかった思いを胸に、アルトリウスはアレンの背を追う。
Walking in town, Artorius asked Allen the reason behind his justice. Allen replied that justice requiring reason is no true justice. If reason is applied, justice becomes false-ultimately evil. With unfulfilled desire in his heart, Artorius followed Allen.

必ず未来へ紡いでみせる!
Spin the future!

この剣が貴公を譲ろう
Cedes this sword to you.

今度こそ、護り抜く
I'll save this time.

[瀧騎王]アルトリウス [Dragon Knight King] Artorius
気が付くと、アルトリウスは膨大な書に囲まれて居た。曇り硝子の窓からは、日の光が僅かに射すばかりで、その広大な図書館の全貌を照らし出すには遠く及ばない。正面には己を呼び出したであろう竜人族の娘がたたずんでいた。その娘は或る問いを投げかける。それは、アルトリウスが為した正義の否定であり、即ちドラゴンとの戦いがいまだ続いているという事実をも顕していた。
When he had woken up, Artorius was circled by an huge tome. A sunlight keeps bright a little from a window of the frosted glass, it's not nearly so illuminate as whole picture in the vast library. Dragon tribe's girl that would called myself in front was standing. The girl cast some words to him. It was denial of his justice accomplished, the war against the dragon represents the fact that still followed.

俺の前から消え去れッ!
Get out my sight!

俺は…何のために…
What...am I for...

光…よ…
The…light…