読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

こじろう Kojiro

[黒鉄王]こじろう [Black Sword Lord] Kojiro
ワノクニには帝を守護する「刀」なる者たちが存在する。元より国土最強の七人の中にあって、更なる無類の剣を誇る剣豪、それがこじろうである。刀神ムサシを討ち果たし、以降ワノクニ最強の「黒」の銘を冠する。その剣速は凄まじく、かの英雄「烈神」にすら届きうると云われているが、そもそも烈神こそが彼女の師匠である。
In Zipang, there are men and women known as Blades whose duty is to protect the Emperor. The greatest of them is Kojiro, the woman who defeated the Sword God Musashi and is said to be the equal of the legend known as the Fire God—her master.

拙者の剣はもう迷わぬ
No hesitate.

ここで貴様を斬る
Cut you here.

終わりでござる
Finished.

[黒剣王]こじろう [Black Blade Lord] Kojiro
こじろうは、幼なじみのムサシと共に、ワノクニの帝を守護する「刀」として育てられた。互いに同じ師の元で学び、「圧」のムサシと「速」のこじろうの名はワノクニ中が知るほどのものとなる。そしてそののち、二人で共に、帝を護りし八の「刀」の筆頭を担った。当座は万事が上手く回った。しかし、全てはあの日、ムサシが帝を斬った時、終わりを迎え、瓦解した。
Kojiro and Musashi were raised to become Blades—the Emperor's guards. Kojiro was known for her speed, Musashi for his power. Eventually, they came to lead the Eight Blades. But a crisis was triggered the day Musashi attacked the Emperor.

手加減は出来ぬでござるよ
No holding back.

この剣はただ、龍を斬る為に
Cut the dragon.

征くでござる
You must go now.