読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

りんどう Rindo

[忍王]りんどう [Covert Kunoichi] Rindo
幼少の頃より、くノ一として育てられたりんどうは、物心付く頃には既に生まれ持った忍としての天賦の才を開花させていた。成長と共に彼女がその才をおごるようになった頃、その慢心を叩き折ったのは、竜に滅ぼされたという他の忍び里から来た「零」と呼ばれる忍の青年であった。
Raised as a kunoichi, Rindo was a highly talented warrior whose skill only increased with age. Despite this, her pride was crushed when a young ninja arrived from a village that had been razed by dragons. His name was Zero.

退屈な任務ね
How dull mission.

何も感じないわ
I felt nothing.

力を借りるわ
Help you.

[偲王]りんどう [Recall Kunoichi] Rindo
類稀なる天賦の才、その上での血のにじむような修行の末、りんどうは他を圧倒する忍に成長した。常に心を平静に保ち、いかなる任務も成し遂げる彼女は諸国の王から絶対的な信頼を得ている。故に舞い込んだ最悪の任務。それは、若き頃共に修行を積んだ「零」の討伐指令であった。
Rindo increased into the ninja who overwhelms other ones the end of training made painstaking efforts. She who accomplished calmly every kind of duty got absolute trust from a king of various regions. Finally mission befallen to her. It was a subdual order of the Zero who gained training with she's young.

殺すのは心
Hold the mind.

その程度なの?
Is that your degree?

この程度なの?
Is this your degree?

[偲忍王]りんどう [Recalled Kunoichi] Rindo
秋風が吹き、花が揺れる。人を捨て、国に棄てられ、名を奪われ、それでも此の地に住まう者たちの為、全ての龍を屠り、零へと還した忍が居た。命尽き灰となった彼に墓は無く、ただ振るった剣のみが標として丘に立つ。その傍らに今、一人の女子が花を添える。それは手向けか、それとも新たな標か。やがて、大罪人たる彼女を討つべく、その背に群がる忍たちの影。そして再び風は吹き、竜胆の花は静かに散った。
An fall wind blows, a flower swaying. There was a ninja who slaughtered the dragons which abandoned its name, region, and a heart. One girl puts flower to he who became the ashes. To avenge heinous criminal, ninjas flocked behind her. Again the wind blows, Rindo was scattered.

呆気ないものね
Disappointing you.

殺すのは想い
Abandon the hope.

もう終わりなの?
Is your limit?

[罪忍王]りんどう [Kunoichi of Criminal] Rindo
血に濡れ鈍く輝く刃が、その喉元へと圧し当てられる。城内に居並ぶ数多の手勢。それら全てが音も無く、また一つの声をも上げる事無く、くノ一の手により屠られてゆく。心を殺し、慈悲も無く、しかし如何なる使命からも外れ、彼女はただひたすらに、手にした小太刀で骸を紡ぐ。やがて引かれた血の糸は帝の座する天守へと至り、そしてりんどうは己の為すべき事のみを果たす。
Bloody blades pressed to the throat. The soldiery of multitude who infest in the castle. All they are slaughtered by her instantly. She loses a heart, mercy and disobeys from the mission, and she cuts a body with her small swords. Thread of blood leads to the tower that sits the emperor, she serves the purpose should be for himself.

烏合の衆ね
Disorderly crowd.

果たすのは心
Serves the heart.

もう限界なの?
Is your limit?

[涙忍王]りんどう [Suffered-Kunoichi] Rindo
忍の修行は苛烈を極め、時に怪我、あるいは死ですら覚悟しなければならない。ゆえに彼女が「零」との手合わせの末、足の骨を無慈悲に叩き折られたとしても、それは全く仕方が無く、無論多少は引きつろうとも決して涙を見せる事など無かった。しかしそののち「怪我によく効く」と、零より受けた丸薬を呑み下した事は、天才くノ一りんどうの、類い稀なる一生の不覚、あるいは文字通り、苦みにまみれた涙の記憶である。
Training of the ninja is a brutal, it must be prepared to injury or death. When she is a bout of the Zero, wounded the foot of her bone, but she never shed tears. Handed a pill from Zero to she had swallowed, it was a blunder in her life and her memory of tears.

何も……感じないわ
I felt......nothing.

殺すのは過去
Erase the that past.

良薬……口に苦し
Good is bitter......