読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

パヴォーネ Pavone

[呪妖王]パヴォーネ [Undying Fascination] Pavone
迎える為に、人が持たねばならぬものである。しかし、いずれの其れとも最も遠く、即ち生きるに最も過酷な場所が在る。それこそが、帝国最下の層に位置する「東三番連合地区」。ひとたび此処に堕とされれば、如何なる者も二度と光を得る事は無い。しかしそんな奈落で店を開く、奇特な者も少なからず居る。なぜなら其処は最下の層。陽の光すら届かぬ場所には、常人の眼では見えぬ「闇」が、そこかしこにて蠢いている。
No place in the Empire was crueler than the East No. 3 Alliance District. No one who ended up there ever saw the light again. Yet, people still ran businesses there, as some things could only thrive in that pure darkness deep below the Empire.

楽しませてくれるんでしょ?
You funny me, right?

貴方にはがっかりだわ
I'm fed up with you.

悪いわね、今日は店仕舞いよ
Close up today.

[呪艶王]パヴォーネ [Undying Beauty] Pavone
パヴォーネの店は違法な良酒を客に出し、踊り子たちも粒が揃う。ゆえに上層、中層問わずして、身分を隠した様々な客が毎夜最下へ舞い降りる。将校、軍人、科学者、医者。時には国の中核を担う者すら恥捨て金出し戸を開く。しかしそれらの有象無象に彼女は一分の興味も示さない。それらはいわば隠す幕。真に彼女が必要とする、その情報を受け渡す為、張られた愚かな肉の壁。そして今宵もパヴォーネは愚かな宴のその裏で、蒼髪なびかす彼女へと、得るに至った「闇」を手渡す。
Pavone's bar specialized in contraband alcohol and dancers so exquisite that even the Empire's elite would come. Pavone used the cover they gave to trade information behind their backs—like to the blue-haired woman she was meeting tonight.

その程度なの?残念ね
Fed up you.

もっと私を楽しませて
More fun me.

大人になったら、また来てね
Come again.