読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

マチルダ Matilda

[砂王]マチルダ [Sand Pirate] Matilda
砂上を疾走る船があるという。異様なほどに広大で、そして未開の地が広がる砂漠において、ありとあらゆる略奪行為、そして奴隷の売買を行う怖いもの知らずの集団が乗るその船の名は「ロスト・ブロンド号」。悪名高き女砂賊、マチルダ・ブロンドの永遠の棺たる砂上船である。
There is said to be a ship that sails on the desert. It's name, the "Lost Blonde." Crewed by fearless scum who steal, pillage and trade in slaves across the vast desert sands - it's final resting place of the terrible sand pirate, Matilda Blonde.

さぁて略奪の時間だ
Plunder!

呪われるのも悪くない
I don't care.

準備万端!
Fire!!

[砂賊王]マチルダ [Desert Pirate] Matilda
だいたい合ってるな。女盗賊が告げる、外界での自身の悪評にマチルダは無邪気な笑みを湛えつつそう答えた。実際、砂漠で奴隷としてこき使われる子供を大勢買っていたし、その子らに食わせるため「だけ」の略奪は行なっている。ただ、そこは決して彼女の永遠の棺では無かった。
"It's right." Woman pirate, Matilda said. Mathilda endures a laugh in the bad reputation own violated. She bribes the children fagged as a slave at a desert, and she plundered for children's lives. However, that wasn't a job of her end.

金か魂置いてきな
Put your money or soul.

時間は少ない……か
Not my time.

こっちの番だね
It's my turn.

[鎖賊王]マチルダ [Chained Pirate] Matilda
燃え盛る山に近付くにつれ、舵は重さを増して震え、操舵も思いのままにはいかない。しかしそれでもマチルダは、たった一人で舟を操り、決死の力で行く先を定める。やがて砂の嵐を越えた時、彼女の目指すものは在った。ゆえに、舟の速度はなお上がる。向かう視線のその先には、果たしてロスト・ブロンド号の船腹。即ちこののちマチルダは、敵より奪った空往く舟にて、敵の手により奪われた自身の船へともろともに、或いは無邪気な笑みと共に、決定的な痛打を見舞う。
She goes to the blazing mountain in the ship at her alone. She controls the heavy rudder beyond the haboob, and she arrived there. She looking at her eyes the Lost Blonde. She smiled, and assaulted in her own ship—and enemies who attacked them.

さぁて強奪の時間だ
Hijack!

呪いも案外悪くない
Curse is not bad.

策は整ったな
Are you ready?

[灼賊王]マチルダ [Aflame Pirate] Matilda
軋む悲鳴と、灼け落つ木肌。無人となった甲鈑に、炎が被い燃え盛る。今、母の形見たるその船は、長き旅路のこの果てで、ようやく役目を終えようとしていた。それは、或いは彼女のゆりかご。生まれ、此処まで共に在った、世界で唯一たる居場所。ゆえに己の歩みを始める時、別れを告げねばならぬもの。やがて崩れ、舞い、頬を焦がすは一片の火の粉。そして彼女が向ける笑顔の先、幾多の砂上を疾走り抜けた「ロスト・ブロンド号」は、砂漠の藻屑となって消えた。
The wood wailed as fire spread across the now empty deck of the Lost Blonde. It had finally reached the end of it's long journey. A memento of her mother, the ship had been Matilda's cradle and home; now, she was ready to leave it and etch out her own destiny. As she stood there smiling, the Lost Blonde that had flown over many a desert disappeared into the sands of its final resting place.

心はここに置いてきな
Put your heart here.

さて時間切れ……だな
Time-out soon.

次は無い
No next.

[灰賊王]マチルダ [Ashes Pirate] Matilda
潮風が、帽子を揺らし頬を撫でる。大洋を往く船の上、その甲鈑にマチルダは居た。仲間は既にあるべき姿に還り、船には彼女の姿しか居ない。そしてその手の酒瓶の中に、まるで砂漠ですらも疾走れそうな、そんな小さな船の姿。彼女が自ら象ったのか、在りし日に見た夢か、或いは幻か。やがて再び潮風が吹く。砂賊の証たる帽子は、空と海との間を舞い、船を封じた酒瓶は、もう誰も居ない甲鈑の上、静かに閉じられ、そして眠った。
Sea breeze swings her hat. Matilda was in a deck on the ship from the ocean. Her fellows leave and there is she only in her ship. There was a small ship in the liquor bottle she's holding in her hand. That was her symbol, her dream, and her idol. A sea breeze blows again. Her hat blew off in the sky and she finally slept in the resting place.

さぁて眠る時間だ
I could sleep...

呪われてても幸せだったよ
I'm happy...

もう少しだけ遊んでやるさ
Play little.