読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ランスロット Lancelot

[執事王]ランスロット [Butler] Lancelot
時計の針が時を刻む。その秒針が一を告げるたび、全く違わぬ速度にてランスロットの歩みは進む。手には朝食。幾千年も以前から主はろくに食べもしないが、それでも毎日きっかり同じ品が、その手に持った銀盆に、色とりどりに並べられる。広大な館に、盆と食器の音が鳴る。床に散り、行く手を遮る本を踏みつけ、懐中時計に目をやれば、起床時間まで残り一分。一秒たりとも狂いは無い。やがて主は、白き執事がいれた茶の香りに誘われ目を覚ます。そして禁書館の一日が始まる。
Lancelot takes the breakfast to his master. He carry a breakfast silver tray, he holding a tray and cutlery rang through the vast hall. He arrives; his master wakes a minute later, roused by the smell of tea. And so, another day begins at the Hall of Forbidden Tomes.

間抜け……でございますね
You are stupid.

グッド……でございます
That is good.

[司筆王]ランスロット [Secretary] Lancelot
幾つもの時計が幾つもの時を刻んでいる。刻の音に耳を傾けながら、ランスロットは主が使うペンの手入れを行っていた。主は一冊の書を仕上げる際、あらゆる種類のペンを用いる。それは書に描かれる情景が、あらゆる時代を映し出す為である。全てを繋げ、帰結させる。それを生み出すペンの手入れにランスロットは誇りを持っていた。擦れぬよう、持ちやすきよう。故に、ペンを粗末に扱ったり、あまつさえ壊そうものなら、主といえど、ランスロットは全く、全然、容赦しない。
Lancelot cleans the pens to the sound of numerous clocks ticking. Many pens are used to write every book, as every fact his master writes reflects the entirety of history. By using different pens, she makes connections between facts more clear.

ボンクラ……でございますね
You are idiot.

グレイト……でございます
That is great.