読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

アネモネ Anemone

English ロードラ ロード・トゥ・ドラゴン 英訳 英語 ゲーム
[氷輪王]アネモネ [Eis Elegance] Anemone
アネモネは、代々「氷硝」を守護するニブルヘイム家に生まれた、第二皇女である。大陸において、物理的、また精神的な支柱でもある「氷硝」と呼ばれる巨大な結晶。加護を受けた者であれば、その力を分け与えられ、自在に操る事も出来る。そして、こと氷硝を操る手並において、かつてアネモネは第一皇女すらをも凌ぐ実力を持ち、強く将来を期待されていた。しかし、それゆえか。更なる氷の真実へ触れようとした彼女は、加護もろともに、未来を喪った。
Anemone was second in line to the throne of the Nifelheim family that protected the land's Eisglas—the physical and spiritual pillars of the continent. Those who received the blessing of the Eisglas could shape it in any way they wished, and Anemone was a better Eisglas shaper than her elder sister. Yet, she came too close to the truth about the Eisglas and wrecked her future.

お姉さんに任せなさいっ!
Leave it to me!

未来は此処から……ってね
Future is soon.

氷硝よ、未来を拓く糧となれ
Eisglas, open the future.

[氷凛王]アネモネ [Eis Beautifier] Anemone
非の打ち所の無い優秀な姉。非を打ち続ける可憐な妹。絵に描いたような個性の狭間で、アネモネは王族としての執務をこなしていた。無論、体は酷使出来ぬが、それでも持ち前の器量の良さは民衆からの賞賛を受けている。そんなある日、彼女は第三皇女たる妹が、或る街工房へ入り浸っているという噂を耳にする。真面目で器量良く、しかし生来、万事に首を突っ込みたがるアネモネは、噂の真相を確かめるべく、子供の頃から変わらない悪戯企むその笑顔で、独自の調査を開始した。
Her elder sister was perfect; her younger sister, problematic. Anemone was right in the middle, but she served her royal duties with a flair that won her the respect of her people. One day, she heard a rumor that her younger sister was seen going in and out of a workshop in town. Curiosity got the better of the usually high-minded Anemone, and she decided to investigate.

お姉さんが手伝ってあげる!
I help you!

未来はこれから……ってね
Begin the future.

氷硝よ、未来を拓く礎となれ
Eisglas, movement the future.