読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ディオーネ Dione

f:id:mario-4649:20161222213808j:image
まだ足りないか半端者
Childish, more want it?

ディオーネ Dione
ある砂漠の酒場。記憶を失くした女や、過去を捨てた傭兵が集う、そんななんの変哲も無い場末の酒場の舞台でディオーネは踊っていた。その流麗な身のこなしは観る者全てを魅了し、あらゆる権力者を虜にしてきた。そんな人の滑稽さに笑みしつつ、神たるディオーネは今宵も踊る。
A tavern in the desert where girls with no memories and mercenaries with no past seem to gather. Dione's graceful dancing enthralls all who see her. The goddess laughs at how thoroughly she captivates the audience as she continues her dance.

邪魔だ下がってろ!
Die off!

これが世界の選択だ!
This is the world!

私がやる
I do it.

[世界神]ディオーネ [World Goddess] Dione
神々、とは世界を創造した者の事では無い。既に在るこの世界を管理する為に、創造主たる魂から分離した存在に過ぎない。である為、本来、神々は自らの使徒と共に世界を正しく管理するのが役目だが、ディオーネの場合、己の責務をほっぽり出し、人の世で放蕩の旅を続けている。
The gods did not actually create this world. They were born of soul fragments from the true creator, and they act as observers. They were meant to use their apostles to keep balance, but Dione rejects this and simply enjoys the human world.

滑稽だな半端者!
You're childish!

さぁ、刻むぞ!
Slay you!

引っ込んでろ
Die off.

[境界神]ディオーネ [Frontier Goddess] Dione
ディオーネは神でありながら他の神や使徒といった同属にはあまり興味が無い。それらが何を考えどう行動しようが所詮は記録の再生でしか無い事を知っているからである。過去には気の置けぬ友も居た。神へ反逆し処分されたその友を想うたび、彼女は神である事の虚しさを感じる。
Despite being a goddess, Dione had little interest in gods or apostles and viewed existence as nothing more than predestined actions playing out. Her only friend was executed for defying the gods, so Dione felt saddened by her own divinity.

そこが世界の境界だ
There is a frontier.

どこを刻んでもらいたい?
Where do you want it?

刻み尽くしてやるよ
Slaughter you.

[境解神]ディオーネ [End Goddess] Dione
風は無く、空は停滞している。山の頂から見える王都には今、何百、何千という飛竜の大群が襲来していた。ついに始まる「刻の終わり」。果たしてそれがもたらすのは、世界の終わりか、始まりか。それとも或いは今度こそ、「D」の始界に至るのか。風が、微かに音を鳴らす。血塗れの髪が空を泳ぐ。彼女の旅は、もうすぐ終わる。自由に焦がれて、自由を憎み、自由を憐れみ、自由を想う。何より「自由」を望み抜いた、独りの神の終わりが近付く。そして、冷たき刃が首に触れる。
Thousands of dragons flew into the capital. The End of Time was drawing near. Would it mark the end of the world or a beginning? Or *D*—Genesis? Dione's quest for freedom was about to end. The next instant, a cold blade pressed against her neck.

これが世界の境界だ
Here is a frontier.

四の五の言わずさっさと逝け
Die out soon.

乞え、そして哭け
Cry forever.

[至界神]ディオーネ [Nothing Goddess] Dione
腕をもがれる夢を見た。足を斬られる夢を見た。首が堕ちゆく夢を見た。或いはそれは本当に、夢中の出来事だったのだろうか。神は元来、夢を見ない。見る必要が無いからだ。その自由すら、神には無い。だから彼女は此処に来た。果たして其処は一つ終着。何千年の旅路の果てに、彼女が至った空狐な解。即ち来たるは「刻の終わり」。彼女はそこで「神」を捨てる。だが、また「神」が、決してそれを許しはしない。彼女を囲みし総勢72神。そして、双つの剣が鳴る。
She has seen things in dreams: her arms, legs, and head flying through the air. But, to dream was to be free, and that was why she had come, in spite of these dreams, to put an end to it all. The 72 gods who surrounded her edged forward.

刻み尽くして散らしてやる
Bloodbath you!

思いのままにぶち撒けろ!
Scatter!

私が刻む
I slay you.

[始界神]ディオーネ [Genesis Goddess] Dione
ディオーネが其処に駆けつけた時、全てのことは終わっていた。一つの「器」を守り通すため、神と闘い、そして散った友。まるで眠っているかのような穏やかな表情。その頭を、器がやさしく撫でている。まるで眠る母を愛おしむ子どものように。拙いながらも、必死にその手を動かして。その目に涙をたくさん堪えて。ディオーネは想う。友が遺したその意志は、生きる自由を目指した意志は、決して無駄では無かったと。それこそ生きる、意味そのものだと。
Dione found her friend dead, having fought the gods to protect a mere Doll. Yet, this Doll now sat beside her friend, caressing her head with undeniable compassion. She had become human and attained the freedom her protector had sought.

生きることこそ戦いだ
To live!

まだまだやり足りないだろ?
Do you want more?

これで終わらせる
Finished here.

[廻境王]ディオーネ [Cycle Frontier] Dione

[境壊神]ディオーネ [Ragnarok Frontier]Dione
f:id:mario-4649:20161222213808j:image
まだ足りないか半端者
Childish, more want it?