Road to English

Learn to English

リヴァイア Levia

[海王]リヴァイア [Sea Queen] Levia
七つの海を統べ、手にした水弓で悪獣を退治し続けた伝説の海姫。その美しい姿、歌声はあらゆる者を魅了した。しかし人々を恐怖で支配する悪食王が現れ、海、そして陸の様子が一変してしまったため、彼女は仲間と共に王を封印するべく、世界の果ての八つ目の海へと旅立った。
Legendary princess of the sea, who rules the seven oceans and fights beasts with her water bow. Possessing a beauty of both body and voice, she travels to the distant eighth ocean to seal away the Glutton King’s evil.

終わりにしましょう!
The end!

眠りなさい、安らかに!
Rest in peace!

これも運命なら……
This is a destiny.

[海竜王]リヴァイア [Sea Dragon Queen] Levia
仲間の犠牲を踏み越え、ついに邪悪の化身「悪食王」と対峙したリヴァイア。彼女は震える手で弓を引く。しかし、決して矢を放つことが出来ない。それが、目の前で猫のような奇妙な笑い声を上げるその邪悪な存在が、彼女のかつての双子の姉である事に依るのは、明白であった。
Levia finally faces off with the Glutton Queen losing comrades along the way. Her trembling hands draw her bow. She couldn't fire, however, because the terrible creature in front of her, with its cat-like laugh, was clearly her long-lost twin sister.

射抜け、翠竜弓!
Pierce, Leviathan!

私が決着をつけます!
That is it!

もう苦しませはしない!
I don't suffer!

[海龍王]リヴァイア [Queen of Leviathan] Levia
過ぎ去った日々は、もう戻らない。弓を構えた手の震えが止まる。己が過去にすがり泣き、結果、姉は犠牲となった。その過ちを、また繰り返すのか。焦点が合い、狙いは定まる。踏み越えてきた屍は、こんな迷いの為に在ったわけでは無い。それを、それすら過去として振り切り捨てる。もはやそこには迷いなど無く、あるのは苛烈な決意のみ。そして矢は放たれる。
The past is beyond recall. Trembling of her hand which was holding a bow stops. Her sister was killed by her hand. She focus on—she who erased the past has no hesitation. She prepared herself—and she shot an arrow.

もう迷いはしない
I don't suffer.

ありがとう……
Thank you...

いきます
I shot.

[光海王]リヴァイア [Light Sea Queen] Levia
々の、一つのお話。あるところに、とても美しい姿をした海のお姫様が居ました。彼女は命が尽きたその後も、海の底から世界の海を見守り続け、光を以って海を照らし、航海に迷う船を導き続けました。やがて時代が流れゆき、人の光が海を照らし出した頃、役目を終えたお姫様は、ゆっくり天へと昇ってゆきました。
An old tale: There was a beautiful princess who continued to watch over the sea even after death. Bringing light to the depths, she guided ships to safety. When the light of man came to illuminate the sea, her duty was fulfilled and she rose to heaven.

それが私の罪
That is a my sin.

進むべき道を照らします
I advance to illuminate road.

罪を償います
I atone for a sin.

[冥海王]リヴァイア [Dark Sea Queen] Levia
昔々の、一つのお話。あるところに、とても美しい歌声を持つ海のお姫様が居ました。彼女は命が尽きたその後も、海の底から歌を詠い、海で命を落とした者達の魂を、冥府の海へと導き続けました。やがて時代が流れゆき、海で命を落す者も少なくなってきた頃、役目を終えたお姫様は、ゆっくり冥府へと歩んでゆきました。
An old tale: There was a princess with a beautiful voice. Even after death, she sang from below the sea to lead the souls of the seafaring dead safely to the netherworld. When less people died at sea, her duty was fulfilled and she entered the netherworld.

それが私の罰
That is a my judgment.

逝くべき道を導きます
I lead the netherworld.

罰に抗います
I resist a judgment.

[氷王]レヴィア [Icicle Queen] Levia
先の時代より続く名家、ヴェルブラッド家は大陸全土の約三割という広大な土地を治め、またかつて先時代を襲った災厄から民を守護した功績により、その地に住む人々から惜しみない賛辞を受けていた。その長女レヴィアは、自ら竜を討伐する荒々しさを持つ反面、時に双子の妹と共に美しき唄を披露する可憐さを併せ持っており、その評判は治める地のみにとどまらず、広く遠い地までも知れ渡っていた。だがそれが同時に、或る悪の種を招く。
The Velbloods once ruled a third of the continent. The eldest daughter Levia could single-handedly slay a dragon as well as beautifully perform songs with her twin sister. This brought her renown, but also the seeds of a tragedy.

これで終わりよ
The end.

眠りなさい、安らかに
Rest in peace.

今は倒れる時では無いわ
Not end yet.

[氷竜王]レヴィア [Icicle Dragon Queen] Levia
レヴィアには、今は亡き先代、即ち母により託されたものが三つある。一つは生前、母が従えた翠色の鱗を持つ竜。二つ目は、泣き虫で弱虫なレヴィアの双子の妹。ヴェルブラッド家には代々必ず双子の姉妹が誕生する。レヴィアもまた同様に双子としてこの世に生を受けた。そして双子は必ず或る唄を継ぐ。姉妹が互いの幸せを願うその唄こそ、母より託された三つ目の形見であり、即ちその唄が止む時が、姉妹に悲しみが訪れる刻でもあった。
Levia's late mother gave her three things: a green dragon she commanded; her twin sister, a weak child prone to crying; and the song given to the twins birthed by every Velblood woman. When the song is sung, all is good; when it dies, tragedy strikes.

凍れ、氷竜剣
Freeze, Icicle Dragon Sword.

凍れる刻に逝きなさい
Go to Cocytus.

立ちなさい、何度でも
Stand up.