読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

カルマ Karma

f:id:mario-4649:20160724012025p:image
カルマ Karma
幼い頃にザイフリートに拾われ、以来彼の世話になっている少女。非常に引っ込み思案な性格で、なかなか他人に素顔を見せない。生まれて間もなく言葉を発する事が出来なくなったため、他人と意思疎通をする事もほとんど無いが、ザイフリートにだけは満面の笑みを見せている。
Picked up by Seyfried at a young age, he has looked after her ever since. Extremely introverted, she lost the ability to speak soon after being born. She rarely interacts with others, but she often smiles at Seyfried.

(*'-'*)
ヾ(`口´)ノ

[業王]カルマ [Curse Queen] Karma
ザイフリートと共に、あてのない旅を続ける女盗賊。彼女は産み落とされた時から、ある業を背負っている。彼女と長く接した者はある特異な病を発症してしまう。しかしその事をカルマ自身は知らない。それは呪われた血統の業。ザイフリートはその業を断ち切るため、旅を続ける。
The thief girl with Seyfried continues the aimless travel. She shoulders some karma from born time. The person who touched her lengthily develops some peculiar diseases. But herself doesn't know the thing. Karma of the birth by which that was cursed. Seyfried to cut off the she's karma for keeps traveling.

(*・ε・*)
?(`ω´)
(*・ε・*)/~~

[憐王]カルマ [Compassion Queen] Karma
カルマが目を覚ました時、その眼前にザイフリートの立ち姿が在った。自分たちを急襲した敵軍を、たった1人で撃退し、カルマを守り抜いたその姿はしかし、片腕無く、また片眼の光は失われ、そして……。カルマはか細く、そして震える腕で彼を掴み、声にならない叫びを上げた。
When Karma awoke, Seyfried was standing in front of her. He had single-handedly protected her from the enemy forces at the cost of his arm, an eye, and... Karma held him in her trembling arms and gave a futile, voiceless scream.

\(*`A´)/

…ザ……イ………
...Se...y...

(*`A´)/~~

[非憐王]カルマ [Tragic Queen] Karma
静かに幕が下りてゆく。泣かぬと決めたはずだった。笑って一緒に帰るはずだった。しかし涙は止まらず笑う事など出来はしない。最後に伝えたかった。腕の中、やがて冷たくなり逝くこの人に一言だけでも伝えたかった。けれど言葉は出てこない。ただ溢れる涙だけが、色を失くした彼の頬に落ちる。しかし涙は一瞬止まる。そこには生まれて初めて見る、彼の最初で最後の笑顔があった。やがてひと際大きな雫が男の頬を濡らした時、一人の名も無き物語が、そっと静かに幕を閉じた。
She had told herself she was not going to cry; but the tears kept coming. As he lay in her arms dying, she wanted to tell him so many things, but no words came. For a moment, she stopped crying; there on his face was the first smile she had ever seen.

あり……がとう……ザ……イ
Thank...you....Se...y

(*`ε´*)/
(*`ε´*)/~~

[非業王]カルマ [Uncursed Queen] Karma
口の中には、血の味がにじむ。傷だらけの体を起こし、カルマは男に標準を合わせる。縛られていた手首は青くにじみ、同じく縄の痕が付く足首は、擦れた傷で赤く染まっていた。燃え盛るロスト・ブロンド号。その船上で、男、即ちスミス・アポロースの歪んだ笑みが炎に照る。殴られ、蹴られた傷が痛み、しかしカルマは歯を食いしばる。恐怖はとうに捨てて来た。怯えは微塵にすらも無い。覚悟がにじむ笑みと共に、矢は放たれた。
Karma lifted her bruised body off the ground, her mouth full of blood. She steadily aimed her bow at the man who stood on the burning deck of the Lost Blonde: Smith Apollos. She was no longer afraid. With a confident smile, Karma let loose an arrow.

い……くよ……ザ……イ……
I...go...Se...y...

(`口´*)/
(`口´*)/~~

[悲漣王]カルマ [Eternal Sadness Queen] Karma
いつか全ては思い出になる。とめどなく流れる水のように、刻は前へと進み続ける。船を失くした女船長は、今度は海へと繰り出した。咒術使いの無口男は子どもを守る孤児院を建てた。心優しい男の子は、自分の後についてきた。そして丘の上に刺さる、鈍く光る、折れた大剣。長らく彼女の首元にあった、紫色のその布も、今では柄に結び付けられ、風に吹かれてはためいている。快晴、雲は一つも無く、少女が生きる人生の、始まりの幕が今上がる。
The captain who lost her ship headed to the ocean. The taciturn mage built an orphanage to protect children. The kindly boy decided to follow Karma, whose purple cloth was now wrapped around her bow instead of her neck. A new chapter had begun.

さよ……な……ら……ザイ
See...y...ou...Sey

(・ω・`*)/
(・ω・`*)/~~