読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ザイフリート Seyfried

ザイフリート Seyfried
富む者から奪い、貧しき者へ与えることを信条とする青年。捨て子の自分を育てあげてくれた魔導師の女と共に各地を旅し、ドラゴンの討伐そして義賊たる行いに従事している。手にした大剣「バルムンク」はドラゴンの鱗を斬るのでは無く砕くものであり「竜鱗砕き」の異名を持つ。
A youth who robs from the rich and gives to the poor. Travels among with the female magician who raised him, slaying dragons and doing good deeds. His massive sword, Balmung, does not cut through dragon scales but rather crushes them to pieces.

救ってみせる!
I shall save!

これが俺の正義だ!
This is my justice!

これじゃ、まだ足りない

[盗賊王]ザイフリート [Bandit King] Seyfried
欲しい物は全て力で奪い取る。それがザイフリートの信条であった。盗賊の王たる彼は青年期を共に過ごした魔導師の女が凶刃に倒れてから、以来決して人を信用せず、自身の力のみで生きてきた。大剣「バルムンク」は魔導師の女の特異な血を浴びた事で、よりその破壊力を増した。
Take everything. That was Seyfried's credo. After the magician who raised him was assassinated, he stopped trusting others and has lived by his own wits. His sword, Balmung, has become even stronger after being bathed in his departed guardian's blood.

失せろ
Fuck off.

俺の前から失せろ
Fuck off my sight.

これが最後の警告だ
Last warning.

[奇巌王]ザイフリート [Aiguille King] Seyfried
ザイフリートが目を覚ました時「右眼」は失われていた。かつて魔導師の女から継いだその眼を狙い自分達を襲ったのが、あの裏切り者のエイゼルであるのは明白であったが、失った左腕を手当てした施術者と、この船室のような空間が果たして何処なのかは皆目見当もつかなかった。
When Seyfried had woken up, his "right eye" was lost. If he remember correctly, his father, Eyser aimed his eye took over from the female magician, but he no idea this like-cabin the space, and the surgeon who treated his lost left arm.

失せろと言っている
I said fuck off.

俺が必ず救ってやる
I'll save you.

失せるなら、今の内だ
Get out my sight.

[隻眼王]ザイフリート [One-eyed King] Seyfried
もがれた腕が宙を舞う。削がれた腹から血が落ちる。折り、砕かれた己の剣が鈍く地面で照っている。相対したその仇敵の力はドラゴンよりも遥かに強く、身のこなしは人のそれとは比べ物にもならない。もはや人を越えたるその存在を、果たして人たる自分が討てるのか。と、そこまで考えザイフリートは我に返る。あの日、あの時、「人」などとうに捨てて来た。地に這い、鈍く光る剣の切っ先をくわえる。その時彼は、竜すら砕く一つの剣となった。
Blow off his arm. Blood falls from his abdomen. The raggedy his sword fell into the ground. He is entirely no match for the overwhelming strength enemy. Suddenly, Seyfried comes to himself. "I'm lost human." He hold between his tooth the point of a sword. And that moment, he became a Sword.

俺が必ず終わらせる
I bring end.

人などとうに捨てて来た
I'm lost human.

俺は貴様の血肉すら喰らう
I eat your flesh and blood.

[熔巌王]ザイフリート [Lava Aiguille King] Seyfried
地面が徐々に熱を増す。先ほどまで流砂に覆われていたその山は、今やマグマが煮えたぎる活きた火山へと変貌していた。先んじて山から遠ざけたロスト・ブロンド号の姿は其処に無く、代わりに在るのは帝国兵の「残骸」と、そしてそれらを作り出した半狂半竜の凶人、エイゼル。かつては父と呼んだその者を、ザイフリートは残る左の眼で見据える。今、仇敵となり、溢れる殺意を自身に向ける其れに対し、彼は右手に括った剣を構えた。そして彼らの、最期の幕が上がる。
That place was altogether the volcano where a magma is boiled. Lost Blonde disappeared, and a atrocious-madman Eyser of the half-mad, half-dragon there is. Once, he gazes at the person who was his father in his left eye. And he hold a sword in his right arm to the murderer.

貴様の業をここで断つ
Your karma is cut off here.

終わりだ
You're end.

……このまま押し切る
Push on......

[氷巌王]ザイフリート [Ice Aiguille King] Seyfried
眼はもう見えない。音ももう聞こえない。先ほどまで感じていた煮えたぎるマグマの熱も、もう感じない。あらゆる感覚が死んでいくことを、ザイフリートは感じていた。そんな中、何かが割れる響きが静かに、しかし確かに彼に伝わる。それは体が割れる音。彼の体は、その触媒である岩石に戻りつつあった。だが、もはや彼には悔いは無い。或いは役目と言うべきか。一人の少女の業を断つ、一人の男の物語が、間もなく静かに幕を引く。
Seyfried could not see or hear. He could feel his senses dying. Something cracked. It was his body. He was turning back into a rock. But, he had no regrets. He had lifted a young girl's curse and had come to the end of his journey.

貴様の命を貰い受ける
I take your life.

……幸せになれ
......Be happy.

全ての業をここで断つ
Karmas are cut off.

ザイフリート&カルマ Seyfried & Karma
と或る魔導師の女、そして彼女の一人娘であるカルマと共に旅を続ける義賊の青年。その若さゆえ時に無鉄砲な行動に出る事も多い彼だが、カルマの子守りを任された際はまるで人が変わったかのように、彼女の安眠のみを案じ、己の全身全霊を掛けそれを死守する子煩悩さを発揮する。ともあれそんな覚悟を知ってか知らずか、今日もカルマは彼の背で、幸せそうに寝息を立てる。
The thief youth who keeps traveling with Karma who are a female magician and her only daughter. Reckless behavior is sometimes a lot of he, but when looking after her, he worries about her good sleep and he shows a fond parent against which that's desperately.

お前らまとめてねんねしてな
You guys all go to sleep!

少し静かにしてもらうぜ!
Could your all quiet!

安眠第一!
Good sleep first!

しーっ!起きちゃうだろ!
Shh! She'd get up!