読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

テラ Tera

[まじん]テラ [Demi-Demon] Tera
あてもなく、放浪の旅を続けるテラ。そんな彼女の前には今日も、数多の「挑戦者」たちが立つ。多くは身の程知らずであるが、中には身程を十分に知り、それでも挑み、来る者もいる。しかしそれらの区別も無く、一切合切ねじ伏せるゆえ、それが更なる呼び水となり彼女に挑むものは後を絶たない。そうして永い時の果て、いつしか彼女は「西」にも「東」にも、或いは「バベル」にすら狙われる、三重苦を背負う羽目となった。
Tera was a wanderer. As usual, many challengers crossed her path, some more skilled than others. Yet, none could ever best her. As her fame spread, she found herself being hunted by both the East and West, and even by the disciples of Babel.

お前はどこまでいけるかな
Measure your limit.

さぁ……耐えられるかな
Can you stand?

[魔人]テラ [Demon] Tera
バベルの「使い」は存外早い。元より逃げ果せる気も無いには無いが、それでもせめて酒ぐらいは、呑む間を与えて貰いたかったというのが、テラの本音であった。しかし、それも束の間、喉の渇きはやがて止まる。今眼前に立ちはだかった、双刃を操る戦女神。其れが果たして如何なる技を持ち、己の足を止めるのか。技量を見定め、量るほどに、心の渇きは加速する。即ち魔人は、下品極まり舌をなめずる。
The disciple of Babel was much faster than Tera had expected. She inspected the dual sword-wielding woman who stood before her. The more she studied her, the more her pulse began to race. The demon girl then licked her lips in a most vulgar way.

その眼を俺に刻んでやるよ
I'll cut your eyes.

さぁ……何分持つかな
How many minutes you stand?

準備はいいか?
Are you prepare?

[魔神]テラ [Demon Lord] Tera
「人」かそれとも「神」の類いか。或いは何れのそれとも異なるモノか。テラの出自は自身すら知らず、初めから、既に体と智慧たちが、備わり彼女は彼女であった。そもそもとして核心が、魔導の石の其れであるゆえ、自然に産み堕とされた者では無い。だが無論、自出など、そんな過去などどうでも良い。この星に、己を越えし技を持つ者があと如何ほどの数、遺されているのか。それのみが、旅を続ける魔神の足を、ゆっくりと、しかし確かに動かし続ける。
Was she human or god—or neither? Tera herself had no idea, but the fact her heat was the Magic Stone itself suggested she was made and not birthed. It did not matter to Tera, who continued journeying to find someone—anyone—who could best her.

ここから先はお前じゃ無理だ
Your limit.

さぁ……何秒持つかな
How many seconds you stand?

悪いがそこまでだ
You're finished.