読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to English

Learn to English

ナタル Natal

ロードラ ロード・トゥ・ドラゴン 英語 英訳 English ゲーム
f:id:mario-4649:20160722173345p:image
ナタル Natal
ワノクニの使徒、ナタル。三姉妹の末っ子である彼女はワノクニの神や姉たちにとても可愛がられ自由奔放に育った。そんな彼女の遊び場はもっぱら人が住む地上であり、時折森に訪れては様々な獣を相手にその技に磨きを掛けている。と、それを木影から見つめる一人の青年が居た。
Natal is an apostle of the land of Zipang and the youngest of three sisters. She grew up happy among the gods and her sisters, and truly enjoyed playing on earth. She honed her skills against the beasts of the forest as a youth spied on her from the trees.

耐えてみろデス!
You stand!

まだまだデスね!
You're still!

[焔将]ナタル [Blazing General] Natal
ナタルを「師匠」と呼ぶ青年をその拳で殴り飛ばした時、彼女はあることに気づいた。青年は戦いの最中どう見ても目を閉じている。教えを乞うてきたから手ほどきをしているのに不遜な奴…と思うナタルが、その青年の「女人恐怖症」なる病を知るのはもうしばらく先のことである。
When Natal punched down the youth who called her "Master," she realized something. During their fights, he was closing his eyes. She was taking the time to train him, and this was how he repaid her? It was only later she learned he had a gynephobia.

さあ、いくデスよ!
C'mon!

こっちの番デスね!
My turn!

力を爆発させるんデス!
Detonate the power!

[火焔将]ナタル [Inferno General] Natal
辺り一帯を炎に囲まれる中、ナタルは自身の主たる神と対峙していた。神は問う、反逆の理由を。ナタルは応える、反逆では無いと。炎は更に強くなり神の後方から二人の使徒が現れる。ナタルは静かに身構え覚悟した。それは生まれて初めて彼女が為す「闘う」事への覚悟であった。
Natal faced off against her goddess and master. When asked the reason for the rebellion, she replied that it was no rebellion at all. Flames blazed as two apostles joined the goddess. Natal stoically prepared for the first fight she'd ever started.

反撃開始デスね!
Counterattack!

これが闘う覚悟デス!
My resolution fight!

まだまだいくデス!
We're gonna hang out!

[獄焔将]ナタル [Infernal Flames General] Natal
燃え、崩れ落ちる城。その青年を背中に背負い、ナタルはゆっくり、着々実に歩を進める。彼の背中の傷は深く、血は刻々と流れ続けていた。あと僅か進めば城から抜けられる。神の周到な罠により、門から続く跳ね橋が跡形もなく焼け落ちていた。しかしそれでも、ナタルはこの状況のただ中で、決死の笑みを浮かべて進む。ワノクニは間もなく新たな時代を迎える。そこに神たる者はもう要らない。なれば此の身が朽ちようとも、魂燃え尽き散ろうとも、構わず未来へ進むのみ。
Natal moved through the burning castle carrying a young man who bled from a deep wound in his back. Zipang was about to enter an age where gods would no longer be needed, and she would come to pass.

今度は千倍返しデスね!
Hit you back!

未来へ繋ぐ覚悟デス!
For the future!

手加減は無しデス!
No mercy!

[耀焔将]ナタル [Dancing Flames General] Natal
ナタルが幼い頃。彼女の姉であるセツリは、よく頭を撫でてくれた。ナタルが泣いて帰ってきた時、ナタルが笑顔で帰ってきた時、ナタルが怒って帰ってきた時、ナタルの「母」が、死んだ時。どんな時でも、セツリはやさしい笑顔でナタルを迎える。それがナタルの帰るべき場所だった。どんな時でもそこに帰れば、ナタルは必ず笑顔になった。それは、今でも心に刻まれるナタルの小さな、しかし何ものにも代えられぬ、大切な記憶。今はもう無い、帰りたかった、大切な場所。
Natal's sister Setsuri often caressed her head, whether she was happy, sad, angry—or the day her mother died. To Natal, Setsuri was home, the one place she would always be happy. But now, it was gone; it would live on only as a memory.

今度はこっちの番デスね!
My turn!

守ることこそ覚悟デス!
To protect!

準備はばっちり完了デス!
I'm all ready!

[暗焔将]ナタル [Black Flames General] Natal
ナタルは、カグラが笑ったところを見たことが無かった。なんとしてでも笑わせようと、一時、躍起になった頃もあった。しかしそれでも、笑顔の一つも見せはしてくれない。別段、不機嫌極まっているわけでも無く、ただただ笑いはしないのだ。或る時、セツリにそれを聞いた。すると彼女はこう言った。今は忘れているだけよ、と。其の時、意味は分からなかった。しかし今、ナタルはやっと理解した。散り逝くカグラ。その表情は、やさしい笑顔に満ちていた。
Natal had never seen Kagura smile. She had once asked Setsuri about this, and she had replied that Kagura would someday remember how. As Natal watched Kagura die, a gentle smile on her face, she finally understood.

今度は全力全開デスね!
I'm full throttle!

誰もが生きて征くんデス!
We're conquer!

逃げるなら今のうちデス!
Bite me!

[焔王]ナタル [Blazing Heart] Natal
うなる拳が真っ直ぐに、其れかつ正鵠さながらに森の獣の腹を射つ。これで九十九体目。ナタルはまたも力尽くで己の可愛い子分を得た。いまやこの森で彼女に敵う獣は居ない。否、彼女はそもそも敗け知らずゆえ、元より何れも敵いはしない。17年。かつて負った、命に至るほどの傷も今は癒え、しかし記憶は戻らぬまま、ナタルは明るく元気に過ごしてきた。己が何たる者なのか、或いは己が老いぬ理由、そしてあの日、なにゆえ森に倒れていたのか。それら全てを心奥に閉じ。
Natal punched out her 99th beast; it would now serve her loyally. Her near fatal wound from 17 years ago had healed, but her memory of who she was, why she did not age, and how she ended up in this forest remained locked deep in her heart.

この一撃にかけるデス!
Eat this blow!

いざ尋常に勝負デス!
Let's fight me!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
こっちは準備万端デス!
I'm all ready!

[火焔王]ナタル [Inferno Heart] Natal
墓前にて、ナタルは目を閉じ手を合わせる。過ぎゆく時を思えばこそ、道はそれでも続いてゆく。彼女の傷と心を癒やし、そののちこの地を去った医者は、かつて静かにそう言った。いずれこの日が来ることを、まるで知ってもいたかのように。目を開き、墓前に背を向け歩き出す。森の奥から百にも及ぶ子分たちが、その背を静かに見送っている。今、初めて自分の足だけで、彼女は己の道をゆく。かつて居た、二人の姉のその笑顔に、想いを馳せて行きてゆく。
Natal prayed before the grave of the doctor who had nursed her body and soul back to life. Then she walked out of the forest, her 100 servants gazing on. She would at last live the life she chose, just as her two sisters would have wanted.

My lives way!

勝負に遠慮は無用デス!
Bring it on!

さあ、本気でいくデスよ!
C'mon, I'm gonna earnest!